E-girlsメンバー6人「下部組織」に移動 ファン衝撃「全員じゃだめなの?」「どうなるの」

1月27日(火)19時17分 J-CASTニュース

1月27日、公式サイトで「新体制」が発表された

写真を拡大

   EXILE系女性グループ「E-girls」の新体制が2015年1月27日に公式サイトで発表され、ファンの間で動揺が広がっている。

   現在の26人体制から人数を減らし、20人体制になるというのだ。


運営側「全員の努力が必ず未来へつながる」




   E-girlsは、EXILEリーダーのHIROさんが代表取締役を務める芸能事務所LDHに所属する女性ユニット「Dream」「Happiness」「Flower」を中心に構成されたグループ。2011年のデビュー以降、中高生をはじめとした若い女性を中心に絶大な人気を誇っている。2014年の大晦日にはNHK紅白歌合戦に2年連続出場を果たし、2月からは2度目のアリーナツアーを控えるなど、勢いは衰えない。


   そうした中で突然飛び込んできたのが、現在の26人体制から20人体制になるという「新体制」のアナウンスだ。合わせて新グループの設置も発表された。高校生以上のメンバーからなる「Rabbits」、中学生以下のメンバーによる「Bunnies」の2グループで、いずれも「メンバーの育成・修行の場」として機能するE-girlsの「下部組織」という位置づけだ。


   発表によれば、今後E-girlsの構成メンバーは毎年見直されることとなる。さらなる修行が必要なメンバーは下部グループに移り、自分を磨くことに専念。逆に下部グループで力をつけたメンバーはE-girlsへ昇格するという仕組みだ。メンバーはピラミッド型の組織の中で常に実力が試されるというわけだ。


   運営側は再編の理由について、


「(E-girlsが)いま以上に輝き、さらなる高みを目指していくためには、それぞれの個性をもっと色鮮やかに光らせて、一人ひとりがさらに力をつけ成長していくことが必要」「全員の努力が必ず未来へつながるはずだと考えました」

などと説明している。


ファン動揺隠せず「「これからどうなっていくのかな...」


   突然の発表にファンの間では動揺が広がっている。中でも議題となっているのが下部グループに移ったメンバー6人についてだ。再編により、武部柚那さん、萩尾美聖さん、稲垣莉生さん、生田梨沙さん、渡邉真梨奈さんの5人は「Rabbits」に、中嶋桃花さんは「Bunnies」に移動することとなった。


   ファンの目には「リストラ」「左遷」ともうつったようで、インターネット上には


「これからどうなっていくのかな...」

「脱退も見たくない。移動も見たくない」

「え、待って何?笑 よく意味がわからない(笑) 全員E-girlsじゃだめなの?」

「言い換えると、人気のないメンバーはRabbitsとかに異動になるよ、ってことだね」

といった悲観的な声や不満の声が相次ぎ寄せられている。


   ただし運営側は「今回Rabbits、Bunniesへ活動場所を移すことになったメンバーは、個性のある輝きを放つガールズ・エンタテイナーへ成長するために武者修行を通して自分を磨き、未来のE-girlsに新たな風を吹き込むことを目指してRabbits、Bunniesとして活動していきます」と、あくまで前向きな見方を示している。

J-CASTニュース

「E-girls」をもっと詳しく

「E-girls」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ