とろサー久保田がリベンジ参戦! 『ドキュメンタル』シーズン9、賞金はシリーズ史上最高2000万円

1月27日(水)10時10分 ラフ&ピース ニュースマガジン

Amazon Prime Videoにて、松本人志氏企画・プロデュースのAmazon Original番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』。
待望のシーズン9が2月26日(金)より本編4話にて独占配信されます!


1人目の出場者、発表!


出典: 2020 YD Creation


本シリーズは、プロデューサー・松本人志によって選ばれた10人のお笑い芸人たちによる、妥協なしの、究極に自由な “笑わせあいバラエティ”番組。
「最後まで笑わなかった者、他者を笑わせてポイントを多く獲得したものが優勝」というルールのもと、参加芸人らは互いに参加費100万円を持参し、優勝賞金を懸けた笑わせあいバトルに挑みます。
2016年のシーズン1配信開始以来、不動の人気を誇る本作は、2018年より、国と言語の壁を乗り越え海外版ドキュメンタル『LOL: Last One Laughing』も制作されるなど、大人気となっています。
2020年には、配信開始日からの一定期間を対象として日本で最も多く視聴されたAmazon Prime Videoの映画・TV番組を集計した「Amazon Prime Video 2020 TOP5」においても、TV部門:バラエティ作品 TOP5の1つに輝きました。
そんな本作は待望の9シーズン目を迎え、SNS上では早くも出場者の発表を待ちわびる声が多数集まるなか、この度、1人目の出場者として、とろサーモン・久保田かずのぶ氏の参戦が決定!
さらに、これまで1,000万円だった優勝賞金が、シリーズ史上最高額の2,000万円となることが明らかになりました。


幻のチャンピオンが奪還に挑む


実は久保田は、昨年配信された『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタリー・オブ・ドキュメンタル アマゾン怒りのお蔵入り!幻のシーズン&誰が悪かったのか!?緊急討論会』にて、松本から優勝賞金1,000万円の没収を宣告された「幻のチャンピオン」。
4回目の出場となる本シーズンでは、意地とプライドを懸けた“芸人魂”で、キャリーオーバーとなった賞金の奪還に挑みます。


久保田のリベンジ参戦でますます熱を帯びる本作。行く手を阻む9人の芸人は誰なのでしょうか……!?
注目の全出場者は後日発表されるとのことなので、今後も目が離せません!


ラフ&ピース ニュースマガジン

「ドキュメンタル」をもっと詳しく

「ドキュメンタル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ