吉沢亮「新しい扉が…」『青天を衝け』で新境地 脚本家も絶賛

1月27日(水)20時30分 マイナビニュース

俳優の吉沢亮が27日、主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』(2月14日スタート、毎週日曜20:00〜)のリモート会見に、制作統括の菓子浩氏、演出の黒崎博氏、脚本の大森美香氏とともに出席した。
大河ドラマ第60作となる本作は、新一万円札の顔としても注目される渋沢栄一(吉沢)の生涯を描く物語。幕末から明治へ、時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、青天を衝くかのように未来を切り開き、約500の企業を育て約600の社会公共事業に関わった“日本資本主義の父”で、晩年は民間外交にも力を注ぎ、ノーベル平和賞の候補に2度選ばれている。
演出の黒崎氏は、主演の吉沢について「とっても新鮮です。毎回まっさらな状態でシーンの中に飛び込んできてくれて、撮っていてとても楽しい」と述べ、「今まで見たことのない吉沢亮をお見せできるのではないかと思っていますし、『吉沢亮さんすごいな』と思ってもらえる方もたくさんいてくださるのではないかと思います」と手ごたえを口にした。
脚本の大森氏も、第1話の吉沢の演技を見て「早く2話が見たくてたまらないという気持ち。新しい吉沢さんを見られた。どんどん見ていたいという気持ちになり、すごく先が楽しみになりました」と、新たな魅力を感じたと言い、「ずば抜けて力強い。地に足がついた力強さがあって、この栄一さんをもっと見ていたいなという気持ちになりました」と絶賛した。
吉沢は、大森氏の感想を聞いて、「うれしいですし、安心しました」と笑顔。「大森先生の書いてくださる栄一がとても素晴らしいので、毎回楽しみながら、台本にある言葉を丁寧に演じています」と語った。
また、吉沢自身も、栄一役で新しい扉が開けていると感じているという。「ここまで何の感情を含むことなく、ありのままの感情をそのまま表に出す裏表のない人物はやったことがない。最近は暗い役や、明るくても何かを含めた役を演じていたので、新鮮です」
さらに、「最初はすごく苦しかった。栄一という人物がどんな感じなのか、形としては想像がつくけど、そのままやるとキャラクター的過ぎてどうしようと、芯の部分をつかめてなかった」と打ち明け、「演出の黒崎さんと会話を重ねながら作っていった。僕自身も挑戦的な役だし、作品。今ある吉沢亮では太刀打ちできないところがあるので、新しい扉がバンバン開いていると思う。お芝居していくうちに体に馴染んでいく感じがあって、周りの方のおかげかなという感じです」と語った。
(C)NHK

マイナビニュース

「吉沢亮」をもっと詳しく

「吉沢亮」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ