“161億円の男”がAKBライブへ、横山由依とマー君が2ショット写真。

1月27日(月)0時3分 ナリナリドットコム

ニューヨーク・ヤンキースへ7年総額161億円で移籍が決まった“161億円の男”こと田中将大投手(25歳)が1月26日、大ファンのアイドルグループ・AKB48のライブを訪れ、チームAキャプテンの横山由依(21歳)とツーショット写真を撮影。横山がTwitterで公開し、話題を呼んでいる。

田中投手は先日、Twitterで横山からの「またコンサート見に来てください☆」とのお誘いに「絶対に行きます」と力強く返信。ファンの間では渡米前にコンサートに行くのではないかとの予測も出ていたが、そのツイートから3日後となる26日、東京・水道橋のTOKYO DOME CITY HALLで行われた「AKB48リクエストアワー セットリストベスト200 2014」最終日に“参戦”した。

コンサート後、横山がTwitterで公開したツーショット写真は、ピースをしてニッコリの横山の隣で、グレーのスーツで決めた田中投手がカメラを見つめながら微笑んでいる。大好きなアイドルの横でも決して表情を崩しきらない。巨額契約を掴みとった男の自信と気品があふれ出る一枚だ。

この素敵なツーショット写真に、ネットでは「生粋のドルヲタだな」「マー君なにしてんだ」「どんだけアイドル好きなんだ」「ゆいはんかわいい」「まさお天狗だわ」などの声が上がっている。

ナリナリドットコム

「横山由依」をもっと詳しく

「横山由依」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ