ふぉ〜ゆ〜、漫画家になりきり考察 漫画のキャラ設定ついに決定

1月27日(水)8時0分 オリコン

『月刊!スピリッツ』3月号の表紙

写真を拡大

 ジャニーズ事務所所属の4人組ユニット・ふぉ〜ゆ〜が、漫画の主人公を目指す企画『ふぉゆ漫』第13回が、27日発売の『月刊!スピリッツ』(小学館)3月号に掲載された。当初の予定である、“ふぉ〜ゆ〜漫画化”企画へ踏み込んでいく。

 同企画は、エンターテイナーであるふぉ〜ゆ〜が、「漫画の主人公(スター)」になることを目指すため同誌に毎月登場し、一人一人が「会いたい人に会い、学びを得る」「挑戦してみたいことを実行し、技を得る」などさまざまな企画に挑み、「漫画の主人公」となるためのスキルを磨いていくもの。最終的には、ふぉ〜ゆ〜を主人公にした漫画を作ることを目標とする、ふぉ〜ゆ〜と『スピリッツ』、読者による共同プロジェクトとなっている。

 第13回目の今回は、全員が漫画家になりきってイマジネーションを膨らませることに。ふぉ〜ゆ〜が考えるなりたいキャラクターに沿って、7つの質問に答えており、4人がなりたいキャラクターとは? そしてその設定とは? メンバーが考えた個性豊かなキャラクター設定を見ることができる。

また、同誌では、新連載『スノウボールアース』(辻次夕日郎)がスタート。怪獣たちが襲いくる世界で描かれる、一人と一体のロボットの近未来SFサバイバルが展開される。

オリコン

「漫画」をもっと詳しく

「漫画」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ