マーティ・フリードマン 「音楽好きにとって日本は世界一」

1月27日(火)16時0分 NEWSポストセブン

 世界的ロックバンドの元ギタリストでアメリカ人のマーティ・フリードマン氏は、「日本の演歌を聞いたら鳥肌が立ち、なにか物語を観たように泣けてきた」と語る。だが、同氏が魅せられた日本の音楽は演歌だけではない。


 * * *

 演歌だけでなく、僕は日本の音楽全般が好きなんだよね。日本に来るようになって、日本という国と同時にJ・POPにハマった。そのうちに聴く音楽がすべてJ・POPになってしまい、それなら日本に住むのが一番だと。


 いま日本に住んでいる理由は100%J・POPです。J・POPを聴き、演奏し、その世界に入りたかった。本当にそれがすべてなんです。


 B’zから、つんくさんや小室(哲哉)さん関連などなんでも聴きました。


 日本の歌謡曲はメロディを大事にしている。実は洋楽ってメロディがそんなにしっかりしておらず、美しくないんです。日本の音楽はメリハリがあって、その旋律は時に鳥肌が立つほど。


 最近は特にアイドルグループがおもしろいですね。日本のような、ポジティブでアグレッシブでなにより「元気をもらえる」曲は洋楽にはない。


 音楽の形容で「元気をもらえる」という言葉は、英語では表現できないんですよ。音楽が好きなら日本という国は世界一だね。だから僕はここにいるんです。


●取材・構成/大木信景(HEW)


※SAPIO2015年2月号

NEWSポストセブン

「世界一」をもっと詳しく

「世界一」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ