鹿賀丈史 映画の新人を温かく迎えてくれた松田優作の思い出

1月27日(土)16時0分 NEWSポストセブン

松田優作の思い出を語る

写真を拡大

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、俳優・鹿賀丈史が、劇団四季を離れて映画に挑戦してまもなく、『野獣死すべし』で松田優作の相手役を演じた当時について話した言葉を紹介する。


 * * *

 鹿賀丈史は1979年に劇団四季を退団、活躍の場を映像の世界に移す。その第一作となったのが、1980年の松田優作主演映画『野獣死すべし』だった。


「四季で『カッコーの巣をこえて』に出た時に芝居の面白さに目覚めまして、映像もやりたいと思うようになったんです。ちょうどその時に黒澤明監督の『影武者』のオーディションがあったのですが、劇団のスケジュールと重なって受けられませんでした。そういうこともあって、劇団を離れて映画に挑戦してみよう、と。二十九歳の時に退団しました。


 それで『野獣死すべし』の話をいただいて。松田優作さんというトップスターの相手役ですから、『ジーザス・クライスト=スーパースター』の主役に抜擢されたのと同じで、いきなり大きなチャンスに恵まれました。


 あの時は怖いもの知らずでしたね。優作さんの芝居に自分なりに対抗しようとしていました。でも、優作さんはカメラさん照明さんから、全て自分に引っ張っていく。自分で作品を作っていく。そこは大俳優ならではです。自分でセリフも直していました。そういうのは舞台ではないことなので、驚きましたね。


 優作さんと二人で芝居を作り上げる場面も多かったですが、『お前なりに好きにやれ』という感じでした。ただ、たまに『そういう芝居は損だからやめた方がいいよ』とボソッと言ってくださったり。そういう意味で、映画の新人を温かく迎えてくれましたね。自分が劇団四季で勉強してきたことを引っ張り出してもらったように思います」


 翌1981年の篠田正浩監督『悪霊島』では主人公の名探偵・金田一耕助を演じている。


「一本の映画を撮るのにいろいろな場所へ行って、日にちをかけて、贅沢な撮り方をするんだな、と思いました。それから、出演者の多い映画に出るのは初めてでしたので、自分が関わっていない場面がこう繋がっていくんだという面白さに気づき、映画って監督の手の中にあるんだということを知りました。


 金田一は飄々とした人間だと思います。フラッと現われて、その中で眼光鋭く物事を捉える。でも、あくまで推理力よりも不思議な自由人。そういうことを意識して演じました」


 1984年の和田誠監督『麻雀放浪記』では、カモから金を巻き上げる雀士・ドサ健を演じた。


「まず脚本がよくできていましたね。戦後間もない時期の雨漏りしそうな小屋で麻雀に足を突っ込んでいった人間たちの姿が描かれていました。それに和田監督も俳優に優しくて。毎日、絵コンテを描いてきてセットの前に張って、これから撮るシーンがアップのサイズまで書いてある。おかげで、ドサ健の役作りがしやすかったです。


 ドサ健は女を麻雀のカタにするような男ですが、決して悪い人間ではなくて、時代が生んだ男なんだと捉えました。


 あの時期は大きな作品ばかり次々と来ました。映画に出ているうちに刑事ドラマにも出たりして。ですから、三十半ばまで、あれよあれよ。恵まれているという想いが相当強かったです」


●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。


【鹿賀丈史×市村正親主演ミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール』】日生劇場(3月9〜31日)などで全国公演


※週刊ポスト2018年2月2日号

NEWSポストセブン

「鹿賀丈史」をもっと詳しく

「鹿賀丈史」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ