あばれる君×平野ノラ×サンシャイン池崎 「赤巻紙青巻紙黄巻紙!!」の3ショット

1月27日(金)19時30分 Techinsight

あばれる君、平野ノラ、サンシャイン池崎(出典:https://www.instagram.com/abarerukun)

写真を拡大

あばれる君が売れっ子芸人のスリーショットをSNSに公開してフォロワーを喜ばせた。思えばブレイクしたのはあばれる君が早かったものの、一番芸歴が長いのはサンシャイン池崎なのだ。それぞれの表情にこれまでの苦労が見られるようで感慨深い。

1月25日、『あばれる君(abarerukun)ツイッター』にてあばれる君、平野ノラ、サンシャイン池崎が並ぶ姿を投稿したところ、多くのフォロワーから「大好きな3人が一緒に写ってる」「ああ。なんてこと。大好きです!」と反響があった。また、あばれる君が3人のイメージを「赤巻紙青巻紙黄巻紙!!」と早口言葉で表したのに対抗して「桑田、バブル、暑苦しい」とたとえたり、「赤レンジャー、青レンジャー、黄レンジャー。残りの緑レンジャーと桃レンジャー見つけたら教えてください!」と要望する人もいた。

今の人気ぶりを証明するような反応だが、思えばここに来るまで三者三様の道を進んできた。あばれる君(30)は2008年に大学生お笑いアマチュア選手権大会『第2回笑樂祭』で特別賞を受賞、ワタナベコメディスクールに9期生として特待生入学した。2015年に『R-1ぐらんぷり』で決勝に進出して注目を浴びる。平野ノラ(38)は高校卒業後にお笑い界を目指すが「才能がないと断念してOLになった。しかしお笑いを諦めきれずに2010年10月、31歳でワタナベコメディスクールの13期生となる。2014年に『ナカイの窓』(日本テレビ系)へ3度出演するなどメディア露出が増え「バブルネタ」が話題となり2016年にブレイクした。

サンシャイン池崎(35)は2005年4月、ワタナベコメディスクールに2期生として入学しており3人のうち一番先輩となる。コンビ・ソニックブラザーズを組んでいたが2007年9月に解散してからはピン芸人となる。2015年2月にワタナベエンターテインメント所属芸人対抗『最笑王座決定戦』で優勝してから仕事が増え、2016年に『R-1ぐらんぷり』で復活ステージから初の決勝進出を果たす。2015年9月には同じ事務所のお笑い芸人でIT企業の役員でもある厚切りジェイソンが、アメリカで開催された世界的なクラウドコンピューティングのイベントでサンシャイン池崎の「イェーイ!」と叫ぶネタを披露している。この頃から彼の知名度が上がり出したようだ。

『あばれる君 abarerukun Instagram』にも同じ画像が公開されると、「今話題の3人。ビックリしました!」「あばれるノラサンシャイン」「ギロッポンでシースー(笑)」「空前絶後のー!」と盛り上がっており、これからの活躍が期待される。

出典:https://www.instagram.com/abarerukun
出典:https://twitter.com/abarerukun
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

「あばれる君」をもっと詳しく

「あばれる君」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ