NGT48中井りか、駅前で男性数人に追いかけられて「怖くて涙が止まらない」

1月27日(月)13時50分 Techinsight

「知らない人からいきなり声をかけられるのは結構こわい」と中井りか(画像は『中井りか 2020年1月27日付Twitter「駅で名前叫んできてなおかつ某有名週刊誌の名前つかってしつこく追いかけてきたキッズのせいで、いろいろ気持ち悪くて吐きそうになってる」』のスクリーンショット)

写真を拡大

NGT48中井りか(22)が1月27日午前0時過ぎ、Twitterで複数の男性から追いかけられて怖かったことをつぶやいて反響を呼んでいる。彼女のツイートによると、駅で大学生くらいと思われる男性数人が「某有名週刊誌」を名乗りながら叫んで追いかけてきたという。彼女は同時に画像でコメントを投稿して「できれば、見かけても話しかける、叫ぶ、追いかけるなどの迷惑行為はやめて…」と呼びかけており、これまでにも同じような体験をしたと思われる。

「駅で名前叫んできてなおかつ某有名週刊誌の名前つかってしつこく追いかけてきたキッズのせいで、いろいろ気持ち悪くて吐きそうになってる 絶対忘れないから」と怒りを表した中井りか。続けて「怖くて涙が止まらない、、」と心の声をつぶやいていたが、その言葉はしばらくして削除したようだ。

次の投稿では「頭おかしいほんとに」とも明かしており、その男性たちからつきまとわれた状況を思い出してさらに怒りが込み上げたのだろう。

中井りかはツイートで表に出してはいないものの、当時NGT48メンバーだった山口真帆が2018年12月に自宅マンションの玄関でファンを名乗る男性2人から顔を掴まれ口を塞がれるなどの暴行被害を受けた事件が脳裏をよぎったであろうことは想像に難くない。

フォロワーからは「りかちゃんのメンタルが心配です」、「知らない人から声かけられるのは、男で一般人である私でも怖いですよ。しかも追いかけてくるなど異常です。大丈夫ですか? 場合によっては警察に相談などもしてください」と彼女を案ずるコメントが多数寄せられている。

なかには「1年前にメンバーがそういう怖い思いしないように運営に直談判して勇敢に戦った人がいたけど。そのチームG副キャプテンはチーム解散させられて、卒業(実質、脱退)していったなぁ」と山口真帆のことに思いを馳せつつ、「あの時NGT運営がちゃんとしてれば…欅もガタガタにならず、イコラブノイミーも怖い事件なかったかも知れない」とアイドル達への影響を示唆するファンも見受けられた。

NGT48の運営会社・AKSは山口真帆への暴行容疑で逮捕された男性ファン2人に対して損害賠償を支払うよう裁判を起こし、現在も継続中だ。AKSは2020年1月20日、社名を「Vernalossom(ヴァーナロッサム)」に変更し48グループに関するマネジメント業務から撤退する意向を発表したが、いわゆる“NGT48問題”に決着がついていれば中井りかも怖い思いをせずにすんだのかもしれない。

画像は『中井りか 2020年1月27日付Twitter「駅で名前叫んできてなおかつ某有名週刊誌の名前つかってしつこく追いかけてきたキッズのせいで、いろいろ気持ち悪くて吐きそうになってる」』のスクリーンショット

Techinsight

「中井りか」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「中井りか」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ