奥まで見えちゃった!?「後妻業」篠田麻里子のベッドシーンに称賛の嵐

1月28日(月)17時59分 アサ芸プラス

 1月22日にスタートした木村佳乃主演のテレビドラマ「後妻業」(フジテレビ系)の視聴率が、8.7%だったことがわかった。同ドラマは、前クールから数字を上げている。

「前クールに放送されていた高橋一生の主演ドラマ『僕らは奇跡でできている』は、最終回で5.6%を記録するなど、最後まで厳しい数字でした。なので『後妻業』の数字は、1ケタながら、まだマシと言えるでしょう。ところが、『後妻業』の原作は、16年に大竹しのぶ主演で映画化もされているため、アブない性格の役柄もうまくこなす彼女と木村の演技と比べる視聴者が続出。また、ドラマで使われている関西弁に関しても、辛辣な意見が飛び交っています」(テレビ誌記者)

 そんな中、「後妻業」には主人公の相棒を演じる高橋克典の“夜の遊び相手”役として、篠田麻里子が出演。第1話では、彼女の「肌見せ」演技に視聴者から注目が集まったという。

「今回、篠田はクラブ嬢の役を演じ、高橋にベッドでクラブの開店資金をねだるやり取りが放送されました。その時、彼女は胸元のガッツリ開いたネグリジェで登場し、前かがみになった際、胸の“渓谷”が全見え。さらにベッドから立ち上がるシーンでは、両脚の奥にある秘部まで一瞬映る場面があったのです。これには視聴者から『フェロモンがすごい!』と称賛の声が殺到。また篠田といえば、上京前は地元でクラブ嬢をしていたことが一部週刊誌に報じられたことがありますから、今回の役柄には『演技がリアルで素晴らしい!』という声も飛び交っています」(前出・テレビ誌記者)

 今後も篠田の肌見せシーンが期待できるならば、視聴率アップにもつながりそうだ。

アサ芸プラス

「後妻業」をもっと詳しく

「後妻業」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ