「3年A組」の永野芽郁が、今田美桜や上白石萌歌を上回っている要素とは?

1月28日(月)7時15分 アサジョ

 ついに美術教師が生徒5人を殺めた!? そんな衝撃の展開が話題のドラマ「3年A組−今から皆さんは、人質です−」(日本テレビ系)が、若手女優のオンパレードだと話題になっている。なかでも主要キャストとしてヒロインで学級委員長役の永野芽郁、自死を果たした元水泳部エース役の上白石萌歌、その上白石に嫌がらせをしていたダンス部女子の川栄李奈、そして読者モデル役の今田美桜といった面々が目立っている。

 いずれ劣らぬ人気の若手女優ぞろいだが、このなかで永野には、他の生徒たちを上回っている点があるという。それは決して「連続ドラマ小説」への出演歴ではないというのだが…。芸能記者が指摘する。

「意外かもしれませんが、この4人のなかでは永野が163センチと最も背が高いのです。次に高い上白石は162センチとわずかな差ですが、もともと小柄なことでも知られる川栄は152センチ、そして目力の強さとスタイルの良さで長身に見える“目力モンスター”こと今田も157センチしかありません。それゆえ引っ込み思案という設定の永野がおどおどした演技をするときは、おそらく背中を丸めて背を小さく見える工夫を施しているはずです」

 3年A組は30人中の16人が女子生徒。そのなかで永野より背が高いメンバーはわずか3人に過ぎない。そのうち166センチの箭内夢菜はミスセブンティーン2017のグランプリで、最長身168センチの横田真悠はミスセブンティーン2014のグランプリだ。また167センチの日比美思は同じく生徒役の大原優乃(154センチ)と共にDream5のメンバーとして「ようかい体操第一」を歌っていた。

「他の女生徒では元“まいんちゃん”の福原遥は159センチ、第3話で水泳部部長役として出番の多かった堀田真由は159センチで、サブ160センチ組が多くなっています。その一方でメガネ姿が印象的な書道部女子の若林薫は163センチあり、クラスの中では長身組のほう。そして声のでかいバレー部女子の搗宮姫奈はかなり大きそうに見えますが、162センチなので永野よりわずかに小さい。昔から女子の身長は第一印象からは分かりづらいといいますが、本作でも演じる役柄によって身長のイメージが惑わされるようです」(前出・芸能記者)

 もちろん演技の善し悪しと身長の高さには何の因果関係もない。とはいえ“意外に大きい”永野や、“意外に小さい”今田といった各キャストのキャラを追求するのも、ドラマを楽しむうえでいいスパイスになってくれそうだ。

(白根麻子)

アサジョ

「永野芽郁」をもっと詳しく

「永野芽郁」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ