映画館「アップリンク京都」が4.16オープン、4スクリーンのミニシアター・コンプレックス

1月28日(火)16時42分 映画ランドNEWS

映画館「アップリンク京都」が2020年4⽉16⽇(⽊)にオープンする。


「アップリンク京都」パース図

京都市中京区で開発を進める複合施設 「新⾵館」の地下1階に開業する映画館「アップリンク京都」のオープン⽇が2020年4⽉16⽇(⽊)に決定した。


地下鉄・烏丸御池駅直結という⽴地であるため、ロビーはレトロモダンな地下鉄の駅をイメージしたデザイン。アップリンクとしては、「アップリンク渋⾕」「アップリンク吉祥寺」に次ぐ3館⽬の映画館で、関⻄初進出。


「アップリンク京都」は、「レッド」「レインボー」「抹茶」「ストライプ」のそれぞれ異なるデザインコンセプトを持つ4スクリーンで構成され、「アップリンク吉祥寺」で⾼い評価を得た独⾃の⾳響システムを導⼊するミニシアター・コンプレックス。同⽇グランドオープンとなる「新⾵館」は、歴史的建築物である旧京都中央電話局を⼀部保存・改修した複合施設で、新国⽴競技場の設計を⼿掛ける隈研吾が建築デザイン監修として参加している。


「新⾵館」には「アップリンク京都」のほか、アジア初進出となる「エースホテル京都」と、関⻄初出店や新業態のショップ&レストランを含む全20店舗の商業ゾーン、ポップアップスペースが誕⽣する。


浅井隆(アップリンク代表)コメント




「アップリンク京都」はミニシアター・コンプレックスという新しいコンセプトの映画館です。シネコンのように複数のスクリーンを備え、なおかつ上映する主な作品はアート系です。さらに、充実したメニューのコンセッションもあります。⾃宅や職場とは異なる第3の居場所を指す「サード・プレイス」という⾔葉があります。カフェや図書館、公園などを社会の中のコミュニティの場として捉える概念です。アップリンク京都は、新たなサード・プレイスでありたいと思います。ロビーには映画を⾒なくとも訪れることができ、奥にはマーケットや映像ギャラリーがあります。⼈々が集う場でありカルチャーを発信する場を⽬指します。


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「ミニシアター」をもっと詳しく

「ミニシアター」のニュース

「ミニシアター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ