はるかぜちゃん、ツイッターからフェイスブックへ引越し「13歳になるので年齢制限はずれます」

1月28日(火)11時55分 J-CASTニュース

   子役の「はるかぜちゃん」こと春名風花(12)が発信の場をツイッターからフェイスブックなどに移すつもりだと、1月26日(2014年)に明かした。フェイスブックや画像投稿サービス「Instagram(インスタグラム)」などは13歳未満が使用できないが、2月4日の誕生日で「年齢制限がとれる」という。



   ツイッターを離れる理由は「さいきんのTwitterはちょっと品が悪すぎる」からだという。また「ここでやれることはひととおりやった」という。「未開拓の地に行ってみたい」とも語る。「13さいって昔の人がおとなになった年(編注:男児の成人儀式『元服』のこと)」だから、「ぼくもいろいろと今までのところからでて、冒険してみたい」という。


   これらの発言がネットニュースで報じられたが、「品が悪すぎる」の部分が大きく伝えられていたため、27日には「ニュースのタイトルやだな…」と苦言を呈した。「これ絶対また、そこしか読んでない人が怒ってくるフラグ」だといい、改めて「Twitter全体が品がないのじゃなく、最近品がない一部の人が目立つようになったってことですよ」と説明している。

J-CASTニュース

「引越」をもっと詳しく

「引越」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ