キムタクが「悪者」になりつつある ファンが「SMAPを名乗るな」「応援しない」と厳しく批判

1月28日(木)18時41分 J-CASTニュース

ファンの批判にどう答えるか

写真を拡大

分裂・解散騒動に揺れるアイドルグループ「SMAP」がレギュラー番組「SMAP×SMAP」(スマスマ、フジテレビ系)で謝罪会見をしてからおよそ1週間。今、メンバーの中で唯一ジャニーズ事務所に残る姿勢を見せていた木村拓哉さんが、ファンの中で「悪者」になりつつある。

メンバーやマネージャーを「裏切った」との認識がファンの間に広がっているためとみられ、実際、会見後に実施した週刊誌の読者アンケートでも「応援しない」「SMAPを名乗ってほしくない」など、木村さんへの厳しい批判が集まっている。



「彼だけヒーローみたいな感じになっている」



2016年1月18日に放送された謝罪会見では、口火を切って「このままではSMAPが空中分解になりかねない」と現状を説明したのも、「これから自分達は何があっても前を向いて歩いて行く」と最後にまとめたのも木村さんだった。


事務所から独立すると報じられた他のメンバー4人が、木村さんの尽力で「事なきを得る」。そんなストーリーを背景にうかがわせる内容だった。リーダーではないにも関わらず会見を仕切っていた点も、それを印象付けた。


4人が「悪者」で、木村さんが「善人」。こうした構図はテレビをはじめとするマスメディアの伝え方に貫かれ、スポーツ各紙はその色をより濃くしている。


一方、多くの人々が事務所側に批判的なネットでは、木村さんへの不満が高まっている。


会見後、掲示板サイト「2ちゃんねる」やSNSは「彼だけヒーローみたいな感じになっている」「ひとりだけ男下げた」といった趣旨の意見であふれた。一部ネットメディアは他のメンバーやマネジャーを見捨てた「裏切り者」とも指摘し、「キムタク叩き」の傾向はネットでますます強くなっている。



工藤静香による「説得」報道も災い?



どこまで真実かは不明だが、木村さんが事務所に残る意向を固めたのは妻の工藤静香さんによる「説得」があったからで、ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長が「静香はできた嫁だ」と絶賛している、との報道も災いしたのか、「保身」といった視点での批判も多い。


いわば好感度は下がり続けているわけだが、それを象徴するかのようなアンケート結果も出た。「週刊女性」が16年1月25日にネットで公開した読者アンケートで、回答者1200人のうち94%が謝罪会見の内容を「納得できない」と答え、一部は木村さんに強い批判を寄せている。


「本人たち(少なくとも木村以外の4名)の意思による会見とは思えない」

「中居クンたち、4人は心から応援しますが、木村さんは応援しません」

「木村にはSMAPを名乗ってほしくありません」

ファンにとって、唯一違う方向を向いている木村さんは「ヒール」になってしまうのだろうか。

J-CASTニュース

「SMAP」をもっと詳しく

「SMAP」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ