「快盗」と「警察」がモチーフ スーパー戦隊第42作のキーアイテム「VSビークルシリーズ」

1月28日(日)14時59分 J-CASTニュース

両戦隊のキーアイテムが早くも登場 組み合わせて遊べるギミック搭載

写真を拡大

バンダイは、特撮番組・スーパー戦隊シリーズ第42作「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」のキーアイテム「VS(ブイエス)ビークルシリーズ」を、2018年2月10日から全国の玩具店およびインターネット通販などで順次発売する。

大型VSビークルと組み合わせてロボが完成


"快盗"と"警察"がモチーフで、テレビシリーズ史上初だという"ダブル戦隊"となる最新作の放送に合わせて発売する。


劇中で変身や合体にも使用するアイテムで、「ルパンレンジャー」の飛行機型「ダイヤルファイター」、「パトレンジャー」の車型「トリガーマシン」の乗り物2種類と、それぞれの戦隊が使用する「VSビークルシリーズ ダブル変形 DXグッドストライカー」(3月3日発売、オープン価格)をラインアップ。本シリーズを組み合わせることで、快盗と警察それぞれのロボット「快盗合体 DXルパンカイザー」、「警察合体 DXパトカイザー」が完成する。


また、別売の変身武器「ダブル変身銃 DX VSチェンジャー」(4200円)に装着すると音と光が発動し、それぞれのヒーローへの変身遊びを楽しめる。


「VSビークルシリーズ」のラインアップは、「DXレッドダイヤルファイター」「DXブルーダイヤルファイター」「DXイエローダイヤルファイター」、「DXトリガーマシン1号」「DXトリガーマシン2号」「DXトリガーマシン3号」全6種。


価格はいずれも1500円(全て税別)。

J-CASTニュース

「警察」をもっと詳しく

「警察」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ