米倉涼子 新恋人との意外な過去…2人で番組にも出演していた

1月28日(火)0時0分 女性自身

本誌の取材でわかった、米倉涼子(44)の新恋人。お相手は、ショーダンサーや振付師として国内外で活躍するアルゼンチン人ダンサー。ジョニー・デップ(56)を彷彿させるイケメンで、米倉の通う都内のアルゼンチンタンゴ教室で講師もつとめている。



1月下旬には2人で都内のスーパーで仲良く買物をした後、米倉のマンションへ。この日のうちに彼が出てくることはなく、翌日お昼すぎに出てきた際は前日と違うコート姿。彼女の自宅に着替えの洋服を置いておくほど、親密な関係になっているようだった。



米倉といえば、『ドクターX』や『リーガルV』(ともにテレビ朝日系)などで高視聴率をたたき出してきた視聴率女王。その人気は衰えを知らず、まさに順風満帆な役者人生を歩み続けている。いっぽうプライベートでは、’16年12月に会社経営男性(42)との離婚を発表。以降は恋の噂こそあったものの、決定的な熱愛スクープは出ていなかった。



「実は、昨年4月5日に放送された『アナザースカイII』(日本テレビ系)で“共演”も果たしています。米倉さんのタンゴの先生として出演し、情熱的な振付で息の合ったダンスを披露していました。アルゼンチンタンゴは男女が体を密着させ、ときには女性が身を任せることも。そのため、2人の“信頼関係”が大切になってきます。米倉さんが習い始めたのは、1年以上前。最初は先生と生徒という関係でしたが、レッスンを続けていくうちに“最愛の人”になっていったのでしょう」(芸能関係者)



本誌が目撃しただけでも、週3回も彼のいるダンス教室へと足しげく通っていた米倉。冒頭の目撃した日も教室のスケジュールはすべて「休講」となっていたが、プライベートレッスンを受けていたようだ。それほどずっと会い続ける陰には、理由があったという。



「実は彼、しばらく故郷のブエノスアイレスに帰る予定なんだそうです。今度、日本に戻ってくるのは4月。しばらくは離れ離れになってしまいます。だからこそ米倉さんは、少しでもいっしょにいる時間を増やしておきたかったのでしょう」(前出・芸能関係者)



前出の『アナザースカイII』で、米倉はアルゼンチンタンゴについてこう語っていた。



《共同作業っていうんですか? それが、タンゴですごく感じられるようになって……。(中略)芝居するにも、“自分の真ん中”を知るっていうことはすごいいいことだったんだろうなっていうふうに思います》



「女性自身」2020年2月11日号 掲載

女性自身

「米倉涼子」をもっと詳しく

「米倉涼子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ