土屋太鳳&百田夏菜子、初共演で息ぴったり! 私服コーデもかぶり「驚いた」

1月28日(月)6時0分 マイナビニュース

読売テレビ・日本テレビ系スペシャルドラマ『約束のステージ〜時を駆けるふたりの歌〜』(2月22日21:00〜22:54)で主演を務める女優・土屋太鳳、共演のももいろクローバーZ百田夏菜子、俳優の向井理が先日、ドラマのメインとなる「全日本歌謡選手権」のステージを完全再現したセットでの撮影に参加。収録の合間に報道陣の取材に応じ、撮影の感想や現場でのエピソードを語った。

読売テレビ開局60年スペシャルドラマとして放送される同作は、1970年代に放送され多くのスターを輩出した伝説のオーディション番組『全日本歌謡選手権』をモチーフに、歌手になることを夢見て「全日本歌謡選手権」に出場するヒロインの奮闘と成長を描く物語。歌手の夢を諦めかけていた小沢翼(土屋)が1975年の東京にタイムスリップし、そこで出会った同じ夢を抱く大空つばさ(百田)と一緒に歌手を目指す。

この日の撮影で土屋と百田は、「全日本歌謡選手権」の回転する円形状ステージ、ターンテーブルを完全再現したセットで歌唱。土屋は「本物そっくりで歴史を感じました。私は陸上をやっていたんですけど、陸上のスタートのときの『走るしかない』という覚悟と似ています」と感想を述べ、百田は「仕事柄いろんなステージに立たせてもらっていますが、今まで味わったことのない緊張感があった。ターンテーブルが回るときは心臓が飛び出そうなくらいバクバクして、緊張している顔とかはマジだと思います(笑)。マジで緊張しました!」と振り返った。

翼とつばさと出会い、彼女たちの人生を動かしていく元歌手・津島浩一郎を演じる向井は「『全日本歌謡選手権』という番組は、生演奏で生放送。恐ろしい番組ですね(笑)。今ではなかなか実現できないチャレンジングさがありますが、視聴者を魅了するエネルギーがあったんだなとセットを見て感じました」としみじみ。「僕は舞台袖で見ているだけですが、子供たちをステージに上げる感覚で見ているので、親心のような感じで変なドキドキ感がありました」と語った。

向井はまた、土屋と百田について「年齢や身長など外見的なことも含めて似ているし、本番以外でもずっと2人でしゃべっている。何をそんなに1日中しゃべってるんだろうっていうくらい(笑)」と現場の2人の様子を紹介。すると土屋は「読み合わせのときに私服がかぶったんです。スキニーに、私は黒いニットを着ていて、隣見たら同じで。それはすごい驚きました」と、初顔合わせの時に百田と私服コーデがかぶったエピソードを明かした。

初日から息ぴったりだった土屋と百田。百田は「普段4人でステージに立っているので、2人で立つのはすごく新鮮でした。太鳳ちゃんとの共演はものすごく安心感がある。こんな機会ないので2人で不思議だねって言いながら、楽しみながら撮影させていただきました」、土屋は「夏菜子ちゃんはももクロというアイドルグループで、時代を作ってきた1人なので、すごい尊敬の気持ちがありますし、歌と演技をやる方独特の人を惹きつけるパワーがあるなと感じています」と互いを称賛していた。

マイナビニュース

「土屋太鳳」をもっと詳しく

「土屋太鳳」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ