曽田陵介「もっと青春したかった」 “学生時代にやり残したこと”語る

1月28日(木)21時30分 マイナビニュース

俳優の曽田陵介が28日、都内で行われた実写版『ホリミヤ』完成記念生配信イベントに出席。学生時代を振り返り、「もっと青春がしたかった」と話した。
本作は、シリーズ累計600万部を突破した人気漫画『ホリミヤ』を、新進気鋭の松本花奈監督のもと実写化した作品。宮村伊澄役を鈴鹿央士、堀京子役を久保田紗友が演じ、柔らかく爽やかな青春の日々を描く。
井浦秀役を演じた曽田は「同年代のみんなと撮影できたことはすごい楽しかったです」と撮影を振り返った。
また、学生時代にやり残したことを聞かれると、「もっと青春がしたかった」と告白。「学生時代ずっとサッカーをやっていて、それはそれで男同士いい汗流していい青春だったんですけど、部活をやらずに放課後帰ってゲーセン行ったりしたかったなと思います」と語った。
イベントには、鈴鹿、久保田、鈴木仁、岡本莉音、小野寺晃良、マーシュ彩、さくら、井上祐貴、松本監督も出席した。
なお、劇場版は2021年2月5日より公開、テレビドラマはMBS/TBSドラマイズム枠にて2月16日より放送開始される(MBS 毎週火曜24:59〜 TBS 毎週火曜25:28〜)。

マイナビニュース

「時代」をもっと詳しく

「時代」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ