東出昌大の残された道...〝パルメザン懺悔ヌード〟でV字回復の可能性!

1月28日(火)17時30分 まいじつ


(C)まいじつ



俳優・東出昌大への逆風が止まらない。


【関連】東出昌大に“杏の不倫相手”宮沢氷魚が激怒!? 「内面もイケメンだ」ほか


既に大きく報じられているように、東出は女優・杏を妻に持ちながら、同じく女優の唐田えりかと不倫。3者の所属事務所すべてが報道内容をほぼ認めているが、関係を持ち始めた当時の唐田が未成年だったこと、不倫関係が杏の妊娠中も含めて3年もの長期にわたっていたこと、一度は杏にバレて咎められたにもかかわらず不倫を続けたことなど、その内容にはアゼンとする他ないものが並んでいる。


「東出は演技力の稚拙さを好感度でカバーしてきた俳優。その反動もあってイメージダウンの影響は凄まじく、今回のスキャンダルは引退もあり得るほどの致命傷と言っていいでしょう。現に、お相手の唐田は芸能活動休止を発表し、放送中ドラマの出演シーン全カットも決定しました。慰謝料請求も含めた離婚劇は回避不可で、東出が追い込まれるのも時間の問題です」(芸能記者)


現在、東出はドラマ『ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜』(テレビ朝日系)に出演しているが、イメージキャラクターを務めていた『フジ住宅』『サンスター』のCMは正式に打ち切りが決定。引退に向けての外堀は埋まってきており、徐々に真綿で首を絞められている状況にある。


 


原田龍二のように起死回生&一石二鳥


このままではともに芸能界から去り〝無職カップル〟となることが濃厚な東出と唐田。ただ、ブレーク途中だった唐田と違って〝一応〟でも俳優としての実績がある東出には、〝生き残る〟道もなくはないようで——。


「懺悔ヌードです。東出はその端正なルックスと189センチの高身長から、『育ちが良さそうなところが庇護欲を湧き立てる』『素朴でカワイイ』『手のひらで転がしたくなる』『あれはタチじゃなくネコ』などと二丁目界隈で好評。尻丸出しの演技に挑戦した2014年公開の映画『クローズ EXPLODE』は今も語り草で、舞台あいさつでは共演者の勝地涼から『東出くんとの距離が縮まった。お尻も見られたし』との垂涎コメントも引き出しています」(芸能プロ関係者)


ベストセラー間違いなしの根拠は他にもある。


「東出と杏が結婚した直後、一部マスコミで2人の〝夫婦性活〟が報じられ、東出がパルメザンチーズの大筒ほどもある立派な〝ブツ〟の持ち主だと判明したのです。高身長に似つかわしい〝パルメザンの筒〟報道は二丁目界隈を騒然とさせ、『一度拝んでみたい』と同性人気が急上昇。出版すればベストセラーは間違いありませんし、大ヒットの実績を作れば回復の足掛かりにもつながります。また、ヌードになって脱いだことをイジられれば、不倫と併せてネタに昇華させることも可能。そうすれば『笑ってはいけないシリーズ』でおなじみの原田龍二のように、タレントとして再スタートを切れる上、壊滅的な演技力をさらす必要もなくなる、まさに〝一石二鳥〟。多角的観点から見ても、芸能界に残りたいなら脱がない選択肢はないでしょう」(同・関係者)


生き残りのためには、文字通り〝身を粉〟にしたパルメザンヌードしかない!?


 


まいじつ

「東出昌大」をもっと詳しく

「東出昌大」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ