TOKIO松岡、ネトゲ交際に「昔で言ったらテレクラでしょ?」

1月28日(月)1時52分 ナリナリドットコム

女優でモデルの田中道子(29歳)が、1月26日に放送されたトーク番組「二軒目どうする?〜ツマミのハナシ〜」(テレビ東京系)に出演。初めての彼氏はネットゲームがきっかけだったというエピソードに、TOKIO・松岡昌宏(42歳)が「昔で言ったらテレクラでしょ?」と不思議そうに語る一幕があった。

この日、ゲストの田中は初めての彼氏は17歳の頃、ネットゲームがきっかけだったとのエピソードを披露。ロールプレイングゲームで一緒に旅をしているうちに好きになり、田中から半年間ほど「会いたい」と猛アタックを続けたという。

そうしたアタックが実り、実際に対面したのは、ウエンツ瑛士風の4歳年上の大学生だったそう。当時、浜松在住だった田中に対し、その大学生は名古屋在住で、距離的にもそれほど遠くはなかったそうだ。

そんなエピソードを聞いた松岡は、ネットゲームがきっかけで交際に発展することに驚いた様子で、「言い方あれですけど、昔で言ったらテレクラでしょ? その付き合い方」「顔の見えない方とお付き合いでしょ?」とコメント。

田中は「やめてください、純粋な愛」「逆にいま、カワイイ子に寄っていくじゃないですか、男性陣は。そういうの(見た目からの判断は)なしで、中身から好きになったんですよ」と、素敵な出会いだったことを強調した。

また、博多大吉(47歳)は、17歳だった田中が大学生と交際していたことに納得がいかないようで、「女子高生と付き合う大学生、消費税80%とるべきだと思ってるんです」と語り、さらに「撲滅運動をやってる」とも。そして「重税を科して欲しい。嫌いなんです。女子高生と付き合う大学生」と繰り返していた。

ナリナリドットコム

「TOKIO」をもっと詳しく

「TOKIO」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ