大学実就職率TOP20紹介、3年連続1位・金沢工業大学の実力

1月28日(火)16時0分 NEWSポストセブン

大学の就職率はどうか(GettyImages)

写真を拡大

 偏差値や大学の“ブランド”が受験校選択の判断基準だった時代はすでに過去のものとなり、大学入試をとりまく状況は今、大きく変わろうとしている。


 受験生に人気を集める大学・学部のキーワードは「データサイエンス」「グローバル」「就職」の3つだという。


 その中で、就職を視野にいれた大学・学部選びが中心となるなか、驚異の就職率を誇る大学がある。「大学通信」が調査した実態に近い就職率である「実就職率」(卒業者数1000人以上)で、3年連続のトップを独走するのは金沢工業大学だ。2018年の実就職率はなんと98.1%だった。


 同大学は、その理由をこう分析する。


「大きな理由は1995年度から実施してきた『問題発見・解決型教育』が功を奏したからだと考えています。1年次から学生同士でチームを組み、社会的価値のある研究課題を発見し、解決策を提案する。あるチームは山間部に薬を運ぶための垂直離着陸機を実際に製作、2019年末にはテストフライトを成功させました。現場で機体トラブルがあった際も、学生たちが議論しながらその場で修理し、無事飛びました」(広報課)


「NHK学生ロボコン」に出場した同大学のチームは東大に勝利したこともあるなど、華々しい結果を残している。


「就職においても大学の進路開発センターが学生の進路を100%把握、内定が決まるまで徹底的にサポートします」(広報課)


 ほかにも、就職をきめ細かく指導する大学はある。大学受験をはじめとする教育問題に詳しい「大学通信」常務取締役の安田賢治さんはこう言う。


「社会人女性にキャリアプランを相談できる『社会人メンター制度』などの手厚い制度がある昭和女子大学や、毎日のように企業説明会を開き、しかも就職後の離職率も低い福井大学なども“本当に就職に強い大学”として注目です」(安田さん)


 一定の業種に特化した強い大学や学部も増えている。


「関西外国語大学や神田外語大学、学習院女子大学は航空会社の客室乗務員(CA)への就職が強いことで知られています。語学養成に力を入れているのはもちろん、CA養成のノウハウが蓄積されているためです。また、日本文化大学は法学部だけの単科大学ですが、卒業生の4割ほどが警察官になる、いわば“警察官養成大学”。職場にOB、OGが多いというメリットも見逃せません。規則を守ろうとする意識が高い学生が多く、キャンパス内はゴミのポイ捨てがなく掃除いらずなほどきれいだそうです」(安田さん)


 CAや公務員などの専門職は、大学に通いながら専門の就職塾へも入る人が多いだけに、学費の面でも大助かりだ。


 もちろん、大学進学を希望する受験生すべての家庭で潤沢な教育資金があるわけではない。そんな時頼りになるのは奨学金だ。奨学金の受給率は年々増加し、現在は5割にのぼるというデータもある。ファイナンシャル・プランナーの中垣香代子さんが言う。


「通常は日本学生支援機構の奨学金を考えるが、大学独自の奨学金を設けているところもあり、特にその数が多いのは日本大学、早稲田大学、慶應義塾大学など。60種類近いさまざまなタイプの奨学金があります。なかには返済不要のものもあり、受けたい大学の奨学金は早めに調べておくといいでしょう」

NEWSポストセブン

「就職」をもっと詳しく

「就職」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ