任天堂スマホアプリ「Miitomo」終了に「早すぎる」と驚き

1月28日(日)11時58分 STANDBY


ゲームの老舗で最大手企業ながらも、スマートフォン対応は意外に遅かった任天堂。同社が2016年3月に開始したスマホアプリ第一弾「Miitomo」が、2018年5月9日を以て サービス終了となることが発表された。

Miitomoは、似顔絵キャラクターの「Mii」を作り、友人とコミュニケーションを楽しむアプリ。サービス終了後も、Miiの外見など一部はニンテンドーアカウントに移行でき、またアプリ内の通貨「Miitomoコイン」の払い戻しにも対応するという 。

この発表について、Twitterでは

“えぇ、、Miitomo終わるって早 、、”
“なっ、何ーっ!!Miitomoのサービス終了早すぎだろ !!”
“miitomoの撤退、早かったな。確かに最近はご無沙汰してたし ”

と驚きの声があがっている一方で、

“払い戻しするの珍しい気がする ”

と、こうした場合にも特に補償しないアプリが多い中で、しっかりした対応だと認める意見も。また、

“Miiverseといい、春に終了するうごメモ3Dといい、次々と任天堂サービスが幕を閉じていくな…”
“こんなにコミュニケーション系アプリらが終了していく裏では、何か新しいプロジェクトが動いている可能性も …?”

と、すでに終了が予定されている任天堂のネットワークサービス「Miiverse」や、同じく終了が予定されているニンテンドー3DSソフト『うごくメモ帳 3D』内の有料オンラインサービス「ワールドうごメモギャラリー」 に言及し、新しい企画を期待する声も見受けられる。

次々と新作が生まれ、数カ月で終わっていくアプリも多い昨今。昨年には、10年以上の歴史を持つゲームアプリ(※MMORPG『エミル・クロニクル・オンライン』、ガンホー・オンライン・エンターテイメント)が終了して話題となっていた。一部では、2017年の上半期だけで100以上のゲームアプリが終了していたとの報道も 。

一 見華やかに見えるスマホゲーム業界も、ヒット作はほんの一握り。Miitomo終了の理由は、ウォール・ストリート・ジャーナルの記者・望月崇氏のツイートによると“「経営リソースの最適化」(広報 )” だというが、この終了で浮いたリソースを使って、新しいサービスが生まれることを期待したい。
(飛鳥 進)

■関連リンク
スマートフォン向けアプリ『Miitomo』サービス終了のお知らせ
https://www.nintendo.co.jp/support/information/2018/0125.html

サービス終了のお知らせ
https://miitomo.com/ja/notifications/180125/

Takashi Mochizukiさんのツイート
https://twitter.com/mochi_wsj/status/956345874807848960

STANDBY

「アプリ」をもっと詳しく

「アプリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ