釈由美子、夕方は“おんぶ”して家事をこなすママ

1月28日(土)17時55分 Techinsight

愛息をおんぶしながら家事に精を出す釈由美子(出典:http://ameblo.jp/yumiko-shaku)

写真を拡大

2016年6月に第1子となる男の子を出産し、9月から仕事を再開したタレントで女優の釈由美子。当面はバラエティ番組の出演を中心に女優業はゲスト出演にとどめ、育児を第一優先とする方針のようだ。そんな彼女も家に帰れば主婦であり、母親として子どもをおんぶしながら家事をこなしている。

できるだけ早い時期に本格的な芸能界復帰を考えていた釈由美子は、昨年の夏の終わり頃から熱心に保育園の下見を行なっていた。だがフルタイムで働く仕事ではないため、次年度の保育園の申し込みは諦めたという。彼女に仕事が入った時は、夫婦そして親族が協力して長男の世話にあたるようだ。

こうして現在は単発の仕事を中心に芸能活動を再開した釈だが、家に帰れば7か月の男の子を育てるママである。オフィシャルブログ『本日も余裕しゃくしゃく』によると長男はずりばいを始めたようで、もう目を離して家事はできない月齢である。そうなると釈も「夕方の家事の時間は、もっぱらおんぶです」と普通の母親と同じように、我が子を背負って家事をこなしている。その様子は1月27日のブログに写真で投稿され、「ぐずらずにおとなしくしてますし、ころっとすぐ寝てくれます」と息子さんもおんぶが気に入っている様子だ。

保育園を検討している時には生後3か月ほどの赤ちゃんを連れながら、複数の施設を見て回っていた釈由美子。離乳食を始める前には資料集めはもちろん、講習会にも足を運ぶ予定をしていた。これから習い事や幼児教室など、彼女の教育に対する考え方にも注目が集まりそうだ。

出典:http://ameblo.jp/yumiko-shaku
(TechinsightJapan編集部 みやび)

Techinsight

「釈由美子」をもっと詳しく

「釈由美子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ