AKB48“ボーカル選抜”に反響 古田一紀「田野ちゃんMステでてた!」

1月28日(日)11時36分 Techinsight

『Mステ』に出演したAKB48“ボーカル選抜”(画像は『SKE48 2018年1月26日付オフィシャルブログ「高柳明音*まさに、予想外のストーリー。」』のスクリーンショット)

写真を拡大

AKB48が1月26日放送の『ミュージックステーション』に出演して『予想外のストーリー』をテレビ初披露した。同曲は昨年11月22日にリリースされた渡辺麻友の卒業シングルでもある『11月のアンクレット』劇場盤のカップリング曲で、AKB48のオリジナルアルバム『僕たちは、あの日の夜明けを知っている』(1月24日発売)にも収録されている。

歌うのはAKB48の柏木由紀横山由依峯岸みなみ・田野優花・岡田奈々(STU48兼任)、SKE48の高柳明音、NMB48の山本彩・白間美瑠という“ボーカル選抜”メンバー8人だ。

パフォーマンスを前に「歌が上手い上位8人」と紹介され、柏木は「“歌うま”と言われるとハードルが上がって…緊張しすぎて、Mステで失敗する夢ばかり見ちゃうくらいです」と顔をこわばらせており、本番を終えてからも「手が震えた」と明かすほど緊張したようだ。

SKE48から唯一選ばれた高柳明音は『SKE48オフィシャルブログ』で「ボーカル選抜 このパワーワードに怖気付く気持ちは隠しきれなかったですが、それでもこの曲をオリジナルで歌わせて頂けたことが本当に嬉しくて…」と心境を綴っている。

そんななか、オンエア前には『田野優花(tanoyuka_0307)ツイッター』で「もうすぐだよー」と余裕で告知していた田野優花。本番を終えて、声優で俳優の古田一紀から「田野ちゃんMステでてた! つええ!」とツイートされると「みてたんかーーーい」と焦っていた。

昨年上演されたブロードウェイミュージカル『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』で田野はサリー役、古田はライナス役で共演している。それだけにアイドルしているところを見られて少々照れくさかったのだろう。ただ、ソロパートではハリのある歌声で見せ場を作っていたので古田も感心したのではないか。

画像は『SKE48 2018年1月26日付オフィシャルブログ「高柳明音*まさに、予想外のストーリー。」』『田野優花 2018年1月26日付Twitter「もうすぐだよー」』のスクリーンショット

Techinsight

「AKB48」をもっと詳しく

「AKB48」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ