ミシェル・ウィリアムズ、『ライフ・ゴーズ・オン』ケリー・ライカート監督のA24新作で主演 ─ 展覧会を控えるアーティストを描く

1月28日(木)7時0分 THE RIVER

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2016)などのミシェル・ウィリアムズが、『ライフ・ゴーズ・オン 彼女たちの選択』(2016)などのケリー・ライカート監督最新作、『Showing Up(原題)』にて主演を務めることが明らかになった。米Deadlineが報じている。

ウィリアムズは、ライカートによる『ウェンディ&ルーシー』(2008)『ミークス・カットオフ』(2010)『ライフ・ゴーズ・オン 彼女たちの選択』にも出演しており、本作で4回目のタッグとなる。A24による本作は重要な展覧会を控える、ひとりのアーティストの姿を描く物語。展覧会で家族や友人、同僚を案内すると、彼女の混沌とした人生が素晴らしい芸術の源と化していくという筋書きだ。

ライカートと共に脚本を執筆するのは、ジョナサン・レイモンド。製作には、『ブルー・リベンジ』(2013)アニッシュ・サヴジャニ、『この世に私の居場所なんてない』(2017)ヴィンセント・サヴィーノが参加。脚本家および製作陣はいずれも、ライカート監督作品にも多数関わってきた人物たちだ。製作総指揮には、『ソーシャル・ネットワーク』(2010)スコット・ルーディン、『レディ・バード』(2017)イーライ・ブッシュが起用されている。2021年夏より撮影開始を予定している模様だ。

ちなみに、ウィリアムズは次回作として、『ヴェノム』(2018)続編『Venom: Let There Be Carnage(原題)』が待機中。同作は、2021年6月25日に米国公開を予定している。

Source:Deadline

THE RIVER

「ウィリアムズ」をもっと詳しく

「ウィリアムズ」のニュース

「ウィリアムズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ