もはや視聴率爆死は当たり前?フジの火曜ドラマが「HEAT」に迫る大惨事

1月29日(金)17時58分 アサ芸プラス

 1月26日に放送されたテレビドラマ「お義父さんと呼ばせて」(フジテレビ系)第2話の視聴率が6.2%だったことがわかった。同ドラマは初回放送から視聴率を大きく下げてしまった。

「フジの火曜ドラマ枠といえば、昨年は『戦う!書店ガール』や『HEAT』が、初回から視聴率6%を記録するなど大苦戦しました。それが今期の『お義父さんと呼ばせて』は初回9.6%と、まずまずな数字を記録。しかし安心したのもつかの間で、2話では一気に6.2%まで下がってしまいました」(テレビ誌記者)

 同時間帯には、TBSで深田恭子主演のドラマ「ダメな私に恋してください」が放送されているが、第1話の段階では、かろうじて「お義父さん〜」が視聴率で勝利していた。しかし翌週になると視聴率は逆転。

 その理由は「ダメな私に〜」放送後、視聴者の「深田が30代にしてはかわいすぎる!」「ディーン・フジオカのSキャラがいい!」という絶賛の声がネットで話題になったため、ドラマファンはTBSへ流れているとの声もある。

 そんな苦戦中の「お義父さん〜」だが、第2話では主演の遠藤憲一が服を脱いだ状態が長時間続いたため、視聴者を驚かせたという。

「2話では主演の遠藤が、取引先の懇親会に顔を出し、スッポンポンで桶だけで踊るシーンがありました。遠藤といえばコワモテ系の俳優としての印象が強いですから、その体当たり演技には視聴者も『役者魂に感動した!』『エンケン、凄いな』と絶賛の嵐。しかし視聴率が低迷していることで、もしも昨年のドラマ『HEAT』のように打ち切りになったら、遠藤は浮かばれません」(前出・テレビ誌記者)

 Vシネマの悪役から、近年はドラマの主演にまで登りつめた遠藤。ここで結果が出せるかどうかが、今後、彼の俳優人生を大きく左右しそうだ。

(森嶋時生)

アサ芸プラス

「視聴率」をもっと詳しく

「視聴率」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ