元“乃木坂46の聖母”深川麻衣が「初恋話」激白でファン緊迫の一部始終

1月29日(月)17時59分 アサ芸プラス

 恋愛解禁の今だから不安になるところもある?

 元乃木坂46深川麻衣が1月22日、自身がW主演の一角を務める映画「パンとバスと2度目のハツコイ」の完成披露試写会に出席した。同作はラブストーリー作品ということもあって、深川は自身の初恋について語り、「小学校1年生の時です。6年生まで同じ男の子が好きでした」と、大胆告白。小学校生活6年間は同じ相手を想っていたという。さらに深川は「小学校2、3年生くらいの時に、その子から、うさぎの消しゴムが3つ入ったセットを急にもらったのがうれしくて。勉強机の鍵がかかるところに入れて、たまに眺めていました」と、初恋の相手とのエピソードを披露。その相手との“進展”については「両思いじゃなかったと思います。告白もせず終わりましたね」と説明していた。

 元アイドルの貴重な初恋エピソードということで、当然、ファンは関心を持っていたようだが、ファンの中には「やばい、嫉妬してしまう」「いやいや、その彼もまいまいが好きだったかもよ」「そんな人物が特定されるエピソード明かしたら、その彼から連絡くるのでは?」などといった声が上がっている。

「その彼もこのニュースを聞いて、自分のことを好きでいてくれたことに気付いたことでしょうが、深川が乃木坂であれだけの人気メンバーになったことには相当驚いたことでしょう。現在、深川は乃木坂を卒業しているため、無論、恋愛は解禁なわけですが、この初恋エピソードを聞き、その彼から連絡がくる可能性もゼロではないでしょう。ちなみに深川は乃木坂時代、誰にでも分け隔てなく優しいため、“聖母”と呼ばれていましたが、優しすぎるがゆえに将来的には『だめんず』に持っていかれそうなどと、深川の恋愛面を心配する声はファンだけではなく、メンバーからも上がっていました。それだけにファンが深川の恋愛に注目するのも無理はないでしょう」(アイドル誌ライター)

 いずれにせよ、深川が幸せになってくれるのであれば、ファンとしては満足か!?

(本多ヒロシ)

アサ芸プラス

「乃木坂46」をもっと詳しく

「乃木坂46」のニュース

BIGLOBE
トップへ