完熟女優7人の「未婚」プライバシー(1)突然シングルライフを終えた浅野ゆう子

1月29日(月)17時57分 アサ芸プラス

 50歳を超えてなお女盛りに磨きがかかる、魅惑の完熟女優たち。しかし、その中には、なぜか長きにわたって独身を貫き通している美女も。はたして理由は何なのか? テレビや映画ではうかがえない素顔はいかなるものか? 禁断のシングルライフの裏側へと肉薄した!

〈私、浅野ゆう子は昨年末に結婚いたしましたことをご報告させていただきます〉

 1月11日、浅野ゆう子(57)が報道各社にファックスでみずからの結婚を電撃発表した。女性誌記者が驚きを隠せない様子で語る。

「大女優とはいえ、マスコミに対しては丁寧に対応するゆう子さんだけに、各社とも完全に裏をかかれました。寿報道にもかかわらず、相手が同世代の一般人としか明かされなかった理由は、3年前にくも膜下出血で亡くなった事実婚相手の故・田宮五郎さんを気遣ったからだと言われています」

 その後、一部週刊誌の報道で相手は服飾関係の社長であることが判明した。

「神戸でスナックを経営する浅野の母は結婚には反対していたようですが、田宮さんを献身的に看取ったあと、元気をなくしている娘の老後を気遣い、結婚にゴーサインを出した」(前出・女性誌記者)

 現在はヘアウィッグCMにも出演する浅野。適齢期はとうに過ぎても平均寿命87歳という長寿時代に伴侶を得ることは心強いに違いない。

 芸能界では50歳を過ぎてもバリバリ仕事している女優は意外に結婚していないケースが多い。そのいい例が、今月スタートのドラマ「特命刑事 カクホの女」(テレビ東京系)で還暦にして新任刑事役に起用された名取裕子(60)だ。ベテラン芸能レポーターが明かす。

「もちろん2時間ドラマの女王と称された実力もさることながら、40年以上にわたる息の長い女優生活を維持しているのは、彼女の裏表のない性格にあります。大物であることを鼻にかけることが少しもないばかりか、出演するラジオ番組のスタッフには『食べる時間ないでしょ』と手作り弁当の差し入れをふるまい続けているほど。本人は『私は賄いのオバちゃんなのよ』と笑っていますが、男性スタッフは大女優の手作りの味にイチコロです」

 一人だけではなく、多数の男に無上の愛を施す姿はこれぞ女優のカガミか。

 同じく還暦女優・かたせ梨乃は、今でも若手俳優から慕われているという。

奥田瑛二(67)、世良公則(62)、哀川翔(56)などと浮き名を流し、共演者キラーと呼ばれましたが、売れる前の若手俳優の飲食など面倒を見る姉御肌はことに有名です。中には『初めての相手は梨乃ネエだった』という年下俳優もいるほど」(前出・芸能レポーター)

 かつて「11PM」で惜しみなく披露したGカップバストはいまだ健在なり。

「食事と健康に気遣ってみごとなプロポーションを保ち続け、現在は中高年向けの水着のプロデュース兼モデルを務めています。取材の際にスラリと伸びた脚をほめると本人は喜んで触らせてくれますよ。還暦でもモチ肌を維持する秘訣は、毎日欠かさず水泳することだそうです」(前出・女性誌記者)

 一緒にプールで泳げる男性が、理想の伴侶か!?

アサ芸プラス

「シングルライフ」をもっと詳しく

「シングルライフ」のニュース

BIGLOBE
トップへ