『名も無き世界のエンドロール』岩田剛典×新田真剣佑×山田杏奈が制服姿でピース、メイキング映像も

1月29日(金)6時0分 映画ランドNEWS

映画『名も無き世界のエンドロール』の公開に合わせて、超重要な新場面写真とメイキング映像が解禁となった。



行成薫による同名原作を「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」『累-かさね-』などで知られる佐藤祐市監督が映画化。“ある事件”をきっかけに人生が一変した幼馴染のキダとマコトが、自分たちの運命を変えた不条理な世の中に復讐するさまを描く。大事な友のために裏社会に飛び込み、殺人をも厭わない“闇の交渉屋”としてのし上がっていく男・キダ役に岩田剛典、キダの力を借りながら会社経営者となり、表舞台でのし上がっていくストイックな男・マコト役に新田真剣佑が扮するほか、共演に山田杏奈、中村アン、石丸謙二郎、大友康平柄本明が名を連ねる。


本作の主人公であるキダ(岩田)、マコト(新田)、ヨッチ(山田)の3人の幼馴染たちの青春時代を切り取った場面写真が解禁。美しい夕日を背景に、笑顔がはじける3人が仲睦まじく映った1枚となっている。


キダとマコトの10年にも及ぶ壮大な計画の重要なカギを握るのが、出演作が相次ぐ注目の若手女優・山田杏奈演じるヨッチ。複雑な家庭環境で育ち、寂しさを抱えながらもお互いを支え合い生きてきた幼馴染のキダとマコト。そこに転校生で同じ境遇のヨッチが加わり、3人の“小さな世界“の絆はより揺るがないものになった。そんな青春時代を送り、「キダちゃんとマコトは、私にとっては本当に神様みたいに特別なんだよ」と語るほど、2人を大事に想っているヨッチ。“大人になっても3人が変わらずお互いを大切に想い合えるように”、というヨッチの祈りが込められた重要な1枚だ。


また本シーンのメイキング映像も合わせて解禁。本シーンのロケ地となったのは兵庫県・淡路島の海岸。一生に一度しかない青春時代の重要な1枚を、一日に数分しかない美しい夕日と重ねて撮影するため、本シーンの撮影も入念なリハーサルを重ねた後、ほんの数分の間に行われた。メイキング映像では、夕日を待つキャストたちの様子や、佐藤監督のディレクションのもと、大急ぎで撮影に挑む様子など、撮影現場でのこだわりを垣間見ることができる。なお、映画館では本編のエンドロールの最後にも、ある“お楽しみ”が仕掛けられているという。最後まで要チェックだ。



映画『名も無き世界のエンドロール』は全国公開中


(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド

映画ランドNEWS

「世界」をもっと詳しく

「世界」のニュース

「世界」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ