次長課長・河本、ツイッター1年ぶり更新 ナマポ騒動で休止していた

1月29日(水)15時0分 J-CASTニュース

「もう少し寝ます」とツイート

写真を拡大

   お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さん(38)が2014年1月29日、約1年ぶりにツイッターを更新した。



   河本さんのツイッターは約42万のフォロワー(現在は約38万)を持つ人気アカウントだったが、実母の生活保護受給問題以来更新が減り、13年1月17日を最後に途絶えていた。



「しばらくTwitter上では寝てたなぁ」


   河本さんは10年4月からツイッターをはじめ、詩人の相田みつをさんにあやかった「じゅんを。」の末尾で終えるツイートで人気を博した。しかし12年5月、実母の生活保護受給騒動を受けて一時休止し、同年12月ごろから再開したが、13年1月にツイッター終了を宣言した。


   ツイッターの更新は13年1月17日、


「楽しいと思って始めたツイッターなんですが、個人的に楽しくなくなっちゃったんで辞めようかなと思います。応援してくれた人ほんますんません。また、楽しめると思ったら始めましょうかなぁ。さようなら」

「すまん!つぶやく行為が無くなって来たからやめる!」

と発言した所で止まっていた。その直前まで河本さんのもとには、生活保護問題についての批判、中傷のコメントが寄せられていたため、それらに対する「ツイッター疲れ」だったのではとの声もあった。



   1年ぶりとなった14年1月29日のツイートは、


「しばらくTwitter上では寝てたなぁ。Twitterはもう少し寝ます。フェイスでは起きてますなぁ。見たい方こちらどうぞなぁ」

というもの。当面ツイッターの更新はしないが、フェイスブックでの投稿は頻繁に行うといい、フェイスブックのアカウントへと誘導している。

J-CASTニュース

「次長課長」をもっと詳しく

「次長課長」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ