「決勝では敗北が君らを待ってる」 イランサポが突撃?大迫勇也のインスタに罵詈雑言コメント

1月29日(火)16時26分 J-CASTニュース

イラン戦で2ゴールをあげた大迫勇也(写真は2018年6月撮影)

写真を拡大

アジアカップ・イラン戦で殊勲の2ゴールをあげたFW大迫勇也(28)のインスタグラムが荒れている。普段の投稿につくコメント数は300〜500件であるのに対し、2019年1月26日の投稿に限っては29日昼時点で4000件を超えたのだ。


コメントの多くは、イランのユーザーが次々と罵詈雑言を浴びせたものと見られる。それにとどまらず、日本のユーザーも押し寄せてコメントで応酬。大迫本人不在で混乱状態に陥っている。



「決勝では敗北が君らを待ってる」



28日にアジア杯準決勝・イラン戦が行われると、大迫のインスタグラムで当時最新だった26日の投稿に大量のコメントがついた。大迫の投稿自体は移動バス内でチームメイトと撮った和やかな写真であるため、最新の投稿というだけでユーザーが押し寄せたと思われる。内容や言語から、イランのユーザーが次々に書き込んだものとみられ、



「君たちはイランのサッカー選手より小さいし弱い。日本の選手がいつかイカサマせずフェアプレーすることを願うよ」

「決勝では敗北が君らを待ってる」

「お前ら全員クソくらえ」


といった暴言(いずれも編集部訳)が数多い。差別的な表現をするものもある。



すると、一部の日本のユーザーもこうした中傷コメントに反応した。その内容は、



「勝ってみろよ?俺とサッカーするか?教えてやろうか?サッカー」

「おいおい!イランもっと日本を楽しませろよ。練習しろよイラン。アジアのお荷物になるんじゃねーぞ」

「日本全く悪くないのにイラン人イッライラでネット攻撃してて草」


などと挑発的なものが多く、大迫の投稿内容と無関係にコメント欄だけが大荒れ状態となっている。



「大変申し訳なく思います」



日本は優勝候補のイランを相手に、苦戦が予想される中3-0と快勝。その原動力となったのは、初戦以来5戦ぶりに先発に復帰した大迫だった。前半から最前線でボールを収め、攻撃の軸になると、後半11分、22分と立て続けに自らゴールを奪い、主導権を掌握し、試合を決定づけた。



同47分にMF原口元気(27)も得点をあげ、3点差をつけると、イラン代表は苛立ちを増した。終了間際にはFWサルダル・アズムンがボールのないシーンで大迫に接触。両チームが入り乱れ、MF柴崎岳にも張り手を見舞うなど、一触即発となった。



こうした試合展開もあり、イランサポーターのボルテージも上がったのかもしれない。ただ、大迫のインスタグラムには、「同じ国の人間として大変申し訳なく思います...イランから愛と祝福を贈ります」と冷静なコメントも寄せられている。

J-CASTニュース

「大迫勇也」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「大迫勇也」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ