水沢アリー、フルマラソン挑戦は芸能界生き残りをかけた一挙両得の選択!?

1月29日(木)10時0分 メンズサイゾー

 タレントの水沢アリー(24)がフルマラソンに挑戦することを発表した。昨年の夏からファッションイベントを主催する東京ガールズコレクションのオフィシャルランニングチーム「TOKYO GIRLS RUN」に所属する水沢は、2月22日に行われる東京マラソンに出場するという。


 昨年の秋にグアムで開催されたハーフマラソンの大会で完走を果たしている彼女は、今回のフルマラソンにも意気込みと自信は十分。かつては自ら「帰宅部部長」「運動嫌い」「運動経験ゼロ」と語っていたが、「人間ってやろうと思えばなんでもできる」と言い、初心者にはハードルが高いといわれる「5時間以内」を目標タイムに掲げる。


「水沢さんは、2013年の初めに芸能事務所に所属してからわずか2週間ほどで『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演し、"第2のローラ"として注目を浴びると瞬く間に売れっ子タレントの仲間入りを果たしました。その後番組オファーは絶えず、『行列のできる法律相談所』、『しゃべくり007』、『人生が変わる1分間の深イイ話』、『踊る!さんま御殿!!』など日本テレビ系のメジャーバラエティを中心に活躍し、知名度を一気に上げましたね。


 2013年は約100本の番組に出演し、ブレイクタレントランキングの上位にも選ばれた彼女ですが、昨年はその数が半減。1年あまりで完全に勢いを失ってしまいました。もともと何かの芸が評価されたわけではなく、話題を集めたキャラクターも二番煎じとなれば仕方のないことだったかもしれません。しかし本人としては、せっかく人気と知名度を得たのだから、どういうカタチであれ話題を提供し芸能界で生き残りたいハズです。最近では、整形疑惑や熱愛ネタで世間をにぎわすこともある彼女ですが、ここらで芸能人としての立ち位置というか武器が欲しい。本格的にマラソンに挑戦することで新たな道が開けるかも...。もともとグラビアアイドルでバラエティでも活躍した安田美沙子(32)も、マラソンを武器にし始めたころから、男性ファンに頼らなくてもすむポジションを獲得したように思います」(芸能ライター)


 マラソンを始めた当初は「1kmも走れなかった」という水沢。デビューからトントン拍子に売れていった彼女だが、いままさに芸能界での1km地点に差しかかっているのかもしれない。


「ネット上などでは、昨年途端に露出を減らした水沢さんに対して『ついに干された?』といった声も上がっています。しかし現在でも水沢さんはテレビにコンスタントに出演しており、こういった事実はないでしょう。そもそも何も問題を起こしていないのに干されるようなことはありませんからね。一部では、プロサッカー選手の槙野智章さん(27)との交際発表が露出を減らした原因ではないかという声もありますが、それも考えにくい。槙野さんは大手芸能事務所のホリプロとマネジメント契約を結んでいますから、何かあればホリプロも動いたはずです。現在2人の交際が順調なものかはわかりませんが、当時は周囲の関係者も祝福していたのだと思います」(前出)


 ブレイクまっただ中にあって槙野との関係を告白した水沢。たとえそれが本気の恋愛だとしても、とかく女性タレントはスキャンダル的な要素を排除したがるものだが、水沢はあっけらかんと交際の事実をテレビで明かした。デビュー間もない彼女ならではの発言ともいえるが、そうした素人的な感覚がブレイクの要因だったのかもしれない。


「あれだけ売れた水沢さんですが、今のところレギュラーはなく、事務所としては地方局の番組でも1本は持ってほしいところでしょう。テレビがダメなら知名度を活かして営業という手もありますが、一世を風靡したような芸を持たない水沢さんには、それも難しい状況です。そこで考えついたのがマラソンだったのではないでしょうか。世間的にもマラソンはブームで、毎週のように日本各地でランイベントは行われています。アマチュア大会などでの営業も可能でしょうし、なにより走ることは美容にもつながり、タレントとして健康的なイメージがつく。いろんな意味で、水沢さんにとって一挙両得の選択だといえます」(芸能関係者)


 モデルの長谷川理恵(41)やタレントの安田美沙子のように走ることを趣味にし、それを仕事に活かしている女性タレントは多い。今回フルマラソンへの挑戦を発表した水沢に対してネット上からは、「今度はマラソンで一儲け!?」「とりあえず走っておけばOKという風潮...」などといった声も上がっている。42.195kmに自信を覗かせる水沢には、走り始めたばかりの芸能界でもぜひ完走してもらいたい。
(文=峯尾)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

「マラソン」をもっと詳しく

「マラソン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ