ケイト・ベッキンセイル、卵巣嚢胞破裂で入院

1月29日(火)0時56分 ナリナリドットコム

映画「パール・ハーバー」や「アンダーワールド」シリーズなどで知られる女優のケイト・ベッキンセイル(45歳)が、卵巣嚢胞破裂で入院している。ケイトは1月26日、病室での写真をインスタグラムに投稿し、卵巣内部の嚢胞が肥大化しすることで神経を圧迫し、破裂してしまう同症状に見舞われ、モルヒネを処方されたと報告した。

ケイトはこうキャプションを添えている。

「卵巣嚢胞破裂って本当に痛いものなのね。モルヒネに泣かされている。だから、不安定な私を応援してくれている皆には感謝している」

元パートナーのマイケル・シーンとの間に19歳の娘がいるケイトは、症状については詳しいことを明かさなかったが、卵巣嚢胞破裂の手術は深刻な場合にのみ行われるもので、ほとんどの場合はモルヒネのような痛み止めを処方されるという。

ナリナリドットコム

「卵巣」をもっと詳しく

「卵巣」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ