超特急、NYLON JAPANの人気連載アーカイヴブック発売&出版イベントも大盛況

1月29日(水)13時0分 OKMusic

(OKMusic)

写真を拡大



NYLON JAPAN及びNYLON.JPにて、人気ダンス&ボーカルグループ・超特急のメンバーが毎月“はじめてのコト”に挑戦する大人気連載『Virgin Express』。たくさんの反響と話題を呼んだ連載2年分を詰め込んだアーカイヴブック『Virgin Express Greatest Stories』が1月28日(火)に発売となり、それを記念して、発売同日にHMV&BOOKS SHIBUYAで出版記念トークイベントを開催した。

HMV&BOOKSでの購入者を限定としたシークレットイベントでは、8号車(ファンの名称)がドレスコードである“ピンク”を取り入れたファッションで来場。午後1時30分にイベントがスタート。メンバー達がピンクのバズーカクラッカーを持って登場し、一斉に発射すると会場から大きな歓声が上がった。その後リーダーであるリョウガ(3号車)の司会進行のもとイベントが進行。“夢だったNYLON JAPANさんとの連載まとめ本を出版することができました。本当に幸せな気持ちがいっぱいです。VE本(『Virgin Express Greatest Stories』の愛称)の思い出が2年分も詰まった内容になっています”と魅力を語った。

イベントの冒頭では、アーカイヴブックのなかでそれぞれのお気に入りのカットをイラストで発表。メンバー達の絵心が光るイラストに会場内は笑いに包まれた。アーカイヴブックを持参した8号車は、どの写真がイラストになっているか探しながら楽しんでいる様子が見受けられた。特にタカシ(7号車)が描いた人魚の絵は再現度も高く、そのこだわりようにメンバー達も興味深々。それに対し、タカシは“足をびちびちさせるのは今まで一度もないからうれしかった”と実際に撮影時のポーズを再現しながらコメント。さらに、メンバーや8号車から“画伯”と呼ばれているユーキのイラストにも注目が集まり、vol.1でボクシングフィットネスを体験した時の写真をイラストで披露。“模写は得意だから”と自画自賛しながら、体験したプログラムの感想を述べた。

続いて、撮影時のエピソードを踏まえながらメンバーからメンバーへの質問タイムへ。“いちばん好きだった衣装は?”などの興味深い質問から、“マーメイドになって愛のひと言”などの面白い質問まで、彼らの仲の良さが伺えるコンテンツとなった。タカシがリョウガへ向けた“NYLONといえばのポーズは?”という質問では彼なりのNYLONポーズを披露。その後質問者であったタカシもNYLONポーズを披露し、彼らが考えるNYLONポーズのポイントをレクチャー。リョウガの“ちょっと気だるい、不安定な体勢の感じがNYLONっぽい”という解釈にメンバー一同“そうだね”と声を揃えていた。

エンディングでは、それぞれのアーカイヴブックへの想いを語ってくれた。カイ(2号車)は、“僕達の記念すべきVE本発売日にみなさんが集まってくれてすごくうれしいです。また2年後も、そのまた2年後と定期的にアーカイヴブックが発行できるような連載になりたい”と『Virgin Express』への熱いメッセージを残した。また、タクヤ(4号車)とタカシは“モデルとしてカメラの前に立つのは不安だったけど、NYLONを通じて自信がつきました”と連載での成長を感じさせた。最後は、お決まりの“以上、超特急でした!”と挨拶し幕を閉じた。イベント終了後は特別展示した巻末の写真と、タカシが会場に残していった人魚のイラストと共に撮影タイムを実施。終始笑いが溢れ、8号車達も一緒に楽しめた内容となった。

アーカイヴブック『Virgin Express Greatest Stories』

2020年1月28日(火)発売

定価:5,888円(税別)
仕様:A4変形横本/180ページ流通:全国書店、ネット書店

■HMV&BOOKS online
https://www.hmv.co.jp/product/detail/10373503

OKMusic

「連載」をもっと詳しく

「連載」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ