「仮面ライダー電王」ウラタロスが2頭身にデフォルメされぬいぐるみ化 僕に釣られてみる?

1月29日(月)16時1分 おたくま経済新聞


 平成仮面ライダーシリーズ第8作「仮面ライダー電王」より、主人公・野上良太郎(演・佐藤健)とともに戦う怪人(イマジン)で青いボディの「ウラタロス」が、PCクッションになって登場します。

 発売される「仮面ライダー電王 PCクッション ウラタロスイマジン」は6,264円(税込)。おとぎ話・浦島太郎のウミガメをイメージしたウラタロスの風貌を、2頭身にデフォルメしてぬいぐるみ化したもので、今にもお決まりの台詞「僕に釣られてみる?」が聞こえてきそうな憎めない仕上がり。アームレストはリバーシブル仕様で、表面はデフォルメされたイマジンが散りばめられたキーボード、裏面はデンライナーイスルギがデザインされています。



 さらに、商品を予約すると作中シーンを再現できる「ナンパしません」の文字データのダウンロードURLがもらえます。プリントアウトすることで、ウラタロスの首からぶら下げて楽しめます。



 予約はバンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」にて2018年1月30日13時にスタート。商品到着は、2018年5月を予定。

 「仮面ライダー電王」は2007年1月〜2008年1月にテレビ朝日系にて放映された平成仮面ライダーシリーズの8作目の作品。俳優の佐藤健演じる主人公・野上良太郎が、イマジンのモモタロス、ウラタロスなどの怪人達と共に、仮面ライダー電王となって未来を支配しようとする悪のイマジン達と戦う物語。良太郎とイマジン達の友情などを描いたストーリー性も人気をあつめ、放送から10年たったいまでもファンから絶大な支持を受けている作品です。

(C)石森プロ・東映

情報、画像提供・株式会社バンダイ ファンシー雑貨プロジェクト

おたくま経済新聞

「仮面ライダー」をもっと詳しく

「仮面ライダー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ