イケボで英会話を勉強できる!? アドベンチャーゲーム『コロキュアル』が話題 「割と本気で勉強になる」

1月29日(火)18時30分 おたぽる

『コロキュアル』公式サイトより

写真を拡大

 スマートフォン向けアプリ『コロキュアル』が1月23日に配信を開始した。イケメン声優たちが集結したアドベンチャーゲームとあって注目を集めていたが、リリース後の評判も上々の様子。なんでも「ガチで英語が身につきそう」なゲームになっているのだとか……。


 同ゲームの主人公は、父親が「セントルイス英会話スクール」という英会話教室を経営している“私(プレイヤー)”。ある日、主人公の父親が病気で倒れてしまうところから物語は始まる。父がスクールを離れたことで、経営状況が悪化し多額の負債が。アメリカ留学をしていた主人公は日本に帰国し、残された講師たちと共にスクールを再建させることになった。


 つまり同ゲームは“英会話”を主軸にしたアドベンチャーゲームで、個性豊かなイケメン生徒たちが多数登場。英語の問題が出題される“レッスン”をクリアしていくことで、生徒を育成したり様々なストーリーが楽しめる。レッスン中は講師や生徒の英語ボイスを堪能できる他、メインストーリーやサイドストーリーも全てフルボイス。キャスト陣には村瀬歩や石川界人、入野自由、小野賢章、木村昴、小西克幸、佐藤拓也、下野紘、杉山紀彰、諏訪部順一といった人気男性声優たちが起用された。


 フルボイスの英会話アドベンチャーゲームとあって、リリース前から声優ファンは「小西さんと英会話ができるってマジ?」「イケボで英語を勉強できるアプリが出るらしい……」「早く声優さんたちの英語ボイスが聞きたいな」と大注目。また「これを機に英語を本気で勉強したい」という声も寄せられている。


 そんな『コロキュアル』が今回リリースされたのだが、想像以上に“ガチ”な英会話ゲームだった模様。ユーザーからは「問題のレベルが意外と高くてびっくりした」「割と本気で勉強になるな……」「リスニング教材としてかなり優秀かも」「英語クソザコだけどこのアプリでなら頑張れるわ」といった感想が上がっていた。


 また声優たちの英語も高く評価されており、中でも注目を集めているのは柚木要役の村瀬歩。SNSなどでは「村瀬くんの発音が断トツすぎて笑っちゃうレベル」「村瀬くんの英語を聞くためだけでもダウンロードする価値がある」「みんな英語上手いけど村瀬くんの発音すごすぎるな」と話題になっている。


 やはり“帰国子女”という経歴を持つ村瀬は英語に強かった模様。彼の英語は『コロキュアル』公式サイト上のサンプルボイスでも聞けるので、気になった人は柚木要の“Voice 3”をクリックしてみよう。

おたぽる

「勉強」をもっと詳しく

「勉強」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ