市長や市議の過激事件集 TV局で包丁、「殺すぞ」、ネット暴言等

1月29日(月)7時0分 NEWSポストセブン

市議・市長が起こした過激事件簿(写真/アフロ)

写真を拡大

 日本全国には、頑張ってお仕事をする市長・市議がたくさんいる。でも一方で、思わず 「どうしてそうなった——」 とつっこみたくなる「ざんねん」 なかたがたも。自身がサポートすべき市内の飲食店を「ゴキブリ入り」とコミュニティーサイトに書き込んじゃった市議など、不思議な行動をする人も(※年齢・肩書は報道時のもの)。


◆2018年1月 兵庫県西宮市 今村岳司市長(45才)→辞職の意向なし

 市長選への不出馬表明を表明後、それを再確認しようとした読売新聞の男性記者に対し、「殺すぞ」などと暴言を吐き、取材を拒否。


◆2017年5月 石川県加賀市 乾浩人市議(47才)→辞職

 ネットの匿名掲示板に飲食店の名前を挙げ、「ゴキブリ入りの料理」と中傷する書き込みを行った。辞職勧告を受け、任期満了まで議員を続ける意向を示していたが、最終的には辞職。祭りと肉が大好き。


◆2017年4月 大阪府富田林市 左近憲一市議(70才)→逮捕

 朝日放送社屋内で包丁を取り出す。20年のベテランであったが、自身の政務活動費を巡る報道に不満を持ち同社の報道局幹部と直談判中に切腹を図ろうと。過去には無断で交通安全の看板と一緒に自分の看板を掲げ、厳重注意。


◆2015年11月  神奈川県海老名市 鶴指真澄市議(71)→辞職の意向なし

 自身のツイッターで同性愛者に対し「生物の根底を変える異常動物だ」と投稿。その後、「同性愛は個人の自由だと思うが、私としては受け入れられるものではなく、撤回はしない」と回答。座右の銘は「努力」。


◆2015年2月  京都府京田辺市 奥村良太市議(40才)→逮捕

 暴力団組長が現金を要求する現場に立ち会った上、暴力団組長と一緒に知人男性に暴行して重傷を負わせた。大阪府警に傷害容疑で逮捕。ついたあだ名は“ヤクザ市議”。


※女性セブン2018年2月8日号

NEWSポストセブン

「市議」をもっと詳しく

「市議」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ