染五郎、團子、勸玄など未来の歌舞伎スター勢ぞろい

1月29日(火)7時0分 NEWSポストセブン

歌舞伎界の若きプリンス、市川染五郎(撮影/WEST)

写真を拡大

 先日、八代目市川新之助の襲名発表をした堀越勸玄くんをはじめ、歌舞伎界は今、次世代を担うキッズスターたちの宝庫だ。新時代に歌舞伎界の“シン”となるスター候補生たちを今から知っておいても損はしません!


◆市川染五郎

 初舞台は2009年6月『門出祝寿連獅子』。2018年1月に祖父・松本白鸚(76才)、父・幸四郎と共に高麗屋三大襲名披露興行の『壽 初春大歌舞伎』で、市川染五郎を八代目として襲名した歌舞伎界の若きプリンス。襲名披露会見では「『勧進帳』の弁慶をやりたい」と憧れの役を明かした。欅坂46・平手友梨奈のファン。


【Profile】

屋号:高麗屋

父親:松本幸四郎

生年月日:2005年3月27日


◆中村勘太郎(7才)

 2017年2月『門出二人桃太郎』で初舞台。同舞台の発表会見で、父・勘九郎は勘太郎について「普段はおとなしい」と明かしたが、舞台の上では鬼役の勘九郎を相手に刀を使った立ち回りを堂々と演じきった。ウルトラマンが大好き。


【Profile】

屋号:中村屋

父親:中村勘九郎

生年月日:2011年2月22日


◆中村長三郎(5才)

 兄・勘太郎と共に初舞台に立った『門出二人桃太郎』は、3才8か月で迎えた。初舞台発表会見で、勘九郎から「今日は静かにしていますが、家の中では大変です」と言われたやんちゃな次男坊。初舞台でも元気いっぱいに演じ、「暑かった」と感想を。


【Profile】

屋号:中村屋

父親:中村勘九郎

生年月日:2013年5月22日


◆市川團子(15才)

 2012年スーパー歌舞伎『ヤマトタケル』のワカタケルで初舞台。昨年10月の京都・南座のお練りに参加した際には「改めて、精進しようと感じさせていただきました」とコメントするなど、年齢以上の風格を漂わせている。父・中車(香川照之)が継ぐことができなかった市川猿之助の名跡の後継者となれるか!?


【Profile】

屋号:澤瀉屋

父親:市川中車

生年月日:2004年1月16日


◆堀越勸玄

 4才の時に史上最年少で宙乗りを成功させるなど、幼いころから名門・成田屋の御曹司らしさを発揮している勸玄くん。2015年11月、2才の時に『吉例顔見世大歌舞伎』で初お目見え。


 2020年5月に市川團十郎となる父とともに、市川新之助を襲名する。2015年11月の初お目見えの際は将来の夢を「王子様」と答えていたが、襲名発表会見では「遊びよりもお稽古が好き」と即答。その様子に「歌舞伎の家に生まれてきてよかったのでは」と海老蔵も顔をほころばせた。


【Profile】

屋号:成田屋

父親:市川海老蔵

生年月日:2013年3月22日


※女性セブン2019年2月7日号

NEWSポストセブン

「歌舞伎」をもっと詳しく

「歌舞伎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ