高畑充希と坂口健太郎、破局説出たが“婚前同棲”開始

1月29日(水)16時0分 NEWSポストセブン

新居の高級マンションに帰宅する高畑充希

写真を拡大

 一部では破局報道もあった高畑充希(28才)と坂口健太郎(28才)が、ついに同棲を始めたという——。


 閑静な住宅街に建つ高級マンション。1月下旬の22時過ぎ、白のニットに身を包み、ボストンバッグとトートバッグに紙袋と、たくさんの荷物を抱えた女性が入っていく。


 2月7日に主演映画『ヲタクに恋は難しい』の公開を控えるなど、相変わらず多忙な高畑だ。最近、彼女のプライベートで気になる情報が。坂口との破局が報じられたのだ。


 高畑と坂口は、2016年1月放送の月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)で初共演し、その直後、NHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(2016年4〜10月放送)で再共演。これを機に恋へ発展した。2017年の秋には、高畑が坂口の住むタワーマンションに引っ越し、別々の部屋で“マンション内同棲”を開始している。


「ともに連ドラや映画などに引っ張りだこで多忙なふたりは、セリフを覚える時間やひとりになれる空間も欲しかったようです。帰宅が深夜になることもあれば、早朝ロケに備えてゆっくり寝たいこともある。別々の部屋に住むくらいの距離感がちょうどよかったのでしょう」(坂口の知人)


 会いたい時にすぐに会えるけれど、互いを束縛しない生活がピッタリだったようで、ふたりは順調に愛を育んできた。


 しかし、ここ数か月、ふたりの姿がマンション内で見られなくなった。ついには高畑が引っ越して破局した、という情報も飛び交った。前出の知人によれば、事実は違うようだ。


「昨年7月頃、坂口さんがまず引っ越したんです。新居は、超高級マンションで160平方メートル以上もある3LDK。高畑さんも今はほとんどこの部屋で生活しています。婚前同棲といえるのでは? という人までいます」


 冒頭、高畑が帰宅したのは、ふたりの新たな愛の巣というわけだ。これまで、あえて同じ部屋に住むことを選ばなかったふたりが、ついに同棲に踏み切ったわけだが、その決断に至るには、さまざまな思いもあったようで…。


「実は、昨夏引っ越した後も、ふたりとも以前の部屋を解約していないんです。一緒に住んでやっていけるのかという“お試し期間”みたいなものだったのかもしれません。ただ坂口さんは今年になって覚悟を決めたようで、近々、以前の部屋を解約する予定だそうです」(前出・坂口の知人)


 ゴールインに向けて、着実に歩みを進めているようだ。


※女性セブン2020年2月13日号

NEWSポストセブン

「高畑充希」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「高畑充希」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ