SMAP騒動で「I女史派」キスマイ藤ヶ谷がぞんざいな扱いをされていた!

1月30日(土)9時59分 アサ芸プラス

 日本全国に衝撃が走ったSMAPの解散騒動。番組での公開生謝罪で一応の収束を見せたが、不安を募らせたのはSMAPファンだけではなかったという。

Kis-My-Ft2やSexy Zoneといった、いわゆる『I女史派』グループのファンです。彼らはI女史のマネージメントで活動してきたため、これまでSMAPメンバーのドラマや番組に多く出演し、嵐や関ジャニ∞ら『ジュリー副社長派』のグループとの共演は避けられていました。SMAPの動向はそのままグループの存続に直結するため、ファンは気が気じゃなかった。特に中居がプロデュースしたキスマイ内のユニット『舞祭組』は、中居が独立していたら解散せざるを得なかったでしょうね」(芸能関係者)

 そんなSMAP騒動に揺れたKis-My-Ft2だが、実はメンバーのキャスティングに、今回の騒動の影響が見えていたという。

「昨年12月まで放送された玉森裕太の主演ドラマ『青春探偵ハルヤ』(日本テレビ系)は、I女史の力で決まったものです。その勢いで、同じ枠に藤ヶ谷太輔の主演が一度は決まっていたんです。ですが、I女史のジャニーズ退社話が浮上。局サイドが難色を示し、番組枠が変更となった。さらに、全国ネットではなく関東ローカルに、藤ヶ谷単独主演だったのが窪田正孝とのW主演に。業界内でI女史の力が急激に低下していった証拠です」

 すったもんだの末、I女史のマネージメントから離れたキスマイ。プロモーションの仕方は変わるだろうが、SMAP残留でファンはひとまずホッとしたことだろう。

(長谷部葵)

アサ芸プラス

「SMAP」をもっと詳しく

「SMAP」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ