ベッキー、「くノ一」役で時代劇初主演もいまだ忍び寄る「ゲス不貞」批判!

1月30日(火)17時59分 アサ芸プラス

 1月29日、4月スタートの時代劇「くノ一忍法帖 蛍火」(BSジャパン)で、タレントのベッキーが主演を務めることがわかった。ベッキーの連ドラ主演は12年ぶりで、時代劇は初挑戦となる。

 1969年に発表された山田風太郎による時代小説「忍法双頭の鷲」を原作としたこのドラマ。“青い眼のくノ一”“惜し気もなくあらわになる美脚”“女の魅力を活かしたくノ一忍術”などが見どころとなる型破りな時代劇となりそうだ。

 ベッキーがどんな演技を見せるのかが注目だが、世間の反応はいまだに冷たい。

「ネット上では、ちょうど2年前に発覚した『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音との不貞を今なお批判する書き込みが見られます。常に元気で誠実なイメージで人気だったのに、裏では不遜で不誠実、そして何より、記者会見でウソをついたことに対する怒りの気持ちが強いようですね。『世間の皆様が忘れたとでも?』『やはり地上波では需要がないんだね』『炎上狙いで“蛍火”としたなら成功だな』など批判的なコメントばかりです」(芸能ライター)

 果たしてどんなくノ一を見せてくれるのだろうか。

アサ芸プラス

「くノ一」をもっと詳しく

「くノ一」のニュース

BIGLOBE
トップへ