カンニング竹山と対談した「週刊文春」編集長の釈明にブーイングの嵐

1月30日(火)17時59分 アサ芸プラス

 1月27日、都内でカンニング竹山と「週刊文春」の新谷学編集長の対談イベントが開催された。

 新谷編集長は騒動となった小室哲哉の不貞報道について「厳しい意見もいただき、胸に手を当てて考えていきたいが、不貞摘発雑誌のようにとらえられるのは切ない」「小室さんも息抜きしていることを伝えることで、介護の現場の理想の現実をみなさんが考えたり話したりするきっかけになればいいと思った」と釈明。しかしネット上では、このコメントに多くの批判が寄せられている。

「介護の現場も何も『裏切りのニンニク注射』と題した記事に、介護に悩む小室のスタンスは書かれておらず、新谷氏の言い分は後から取り繕っただけとしか思えません。ネット上にも『その意図を伝える文章が書けない集団ということ?』『言い訳も見苦しい』『なぜ堂々と“不貞ネタは売れる”と言わないのか』など、ブーイングの嵐です。一方で、ベッキーの不貞騒動の際には『文春』を称賛し、小室の騒動では手のひらを返してバッシングに走る読者、あるいは記事も読まずにネット上で批判だけする人たちに対する苦言も少なくありません」(芸能ライター)

 不貞にいそしむような有名人には、変わらず文春砲を放ってほしいものだが。

アサ芸プラス

「カンニング竹山」をもっと詳しく

「カンニング竹山」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ