高須院長、「サザエさん」スポンサー叶わず いち早く名乗りも「大企業の皆さんに力負け」

1月30日(火)17時34分 BIGLOBEニュース編集部

画像は「サザエさん」公式サイトスクリーンショット (C)長谷川町子美術館

写真を拡大

高須クリニックの高須克弥院長は、フジテレビのTVアニメ「サザエさん」のスポンサー入札に負け、東芝降板後の後継スポンサーになれなかったと明かした。


1969年10月の「サザエさん」放送開始以来、番組スポンサーを務めてきた東芝は、経営危機のため3月をもって降板する。これが報じられた昨年11月、高須院長は「電通とフジテレビにすぐに連絡した。高須グループのハウスagencyと値段交渉開始なう」と、いち早く後継スポンサーに名乗りを上げていた。


高須院長は30日、この結果について「フジテレビで『サザエさん』のスポンサー入札に負けてしまった」とTwitterで報告。「一番に手をあげ『邪魔するな』ってお願いしたのに・・・奮闘努力のかいもなく大企業の皆さんに力負けした」と悔しさをにじませた。


BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「高須克弥」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「高須克弥」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ