アジアから注目を集める トリリンガルアーティストNOA 新曲『Too Young』 Music Video公開

1月30日(土)22時2分 Hwaiting!

アジアから注目を集めるトリリンガルアーティストNOAが、昨日1st EP『Too Young』を配信リリース&Music Videoを公開した。 前作「TAXI feat.tofubeats」が、日本人でありながらタイのSpotifyバイラルチャート1位を獲得するなど、アジアを中心にグローバルに活躍するNOA。

 リード曲「Too Young」は、ソウルに住んでいた頃に書いた曲で、韓国語で感傷的な愛を歌ったエモーショナルなビートチューンになっている。そしてMusic Videoでは、TikTokにさまざまなダンスカバー動画をアップし、ダンスの実力に注目を集めるCHISAKI(@chisaakiii)と一緒に見せる“シンクロダンス”が見どころだ。

本作に関して、NOAからコメントが届いている。

「バックグラウンドの景色、ダンス、より一層、曲に対してのメッセージが今回のMVを通して伝わっていることを願ってます。

今までの作品とは違う、新たな僕を知ってほしいです。

また今回一緒に踊ってくれたCHISAKIさんとのコラボ、そしてサビのダンスがポイントとなっています。みんなも踊ってくれたら嬉しいです!」

1st EP『Too Young』は、日本語・韓国語・英語を話すトリリンガルのNOAによって、3カ国語をミックスした歌詞で制作。

さらに1st Single「LIGHTS UP」を新たなバージョンとして、韓国の人気R&BシンガーSAAYをゲストに迎えた「LIGHTS UP feat. SAAY」も収録され、グローバルなEPが完成。

2月には、アジアファンに向けてオンラインファンミーティングも実施予定で、今後HP・SNSで詳細を発表していくので楽しみにしていてほしい。

=============

Too Young』 1.29 Digital Release

https://Noa.lnk.to/tooyoungID

1: Too Young   Produced by KSUKE

2: Better Produced by Ryosuke“Dr.R”Sakai

3: Friends? Produced by mabanua

4: Multiverse Produced by Chaki Zulu

5: LIGHTS UP feat. SAAY Produced by NOA / MILLENNIUM

【「Too Young」Music Video】

【NOA Profile】

2000年3月13日生まれ(20歳)

去年1st Digital Single「LIGHTS UP」でデビューした、Pop/R&Bアーティスト。

小さい頃に観た「ハイスクール・ミュージカル」をきっかけに、“音楽”と“ダンス”で表現するエンターテイメントに興味を持ち始めた。音楽好きな母に影響され、Classic、Jazz、Pop、R&BやHiphopなどたくさんのジャンルの音楽を聴いて育つ。

12歳のとき、滞在先の韓国でスカウトされ、韓国大手事務所のオーディションに合格。韓国で7年間練習生として生活し、2018年日本に帰国。

日本語、英語、韓国語が堪能。作詞、作曲だけではなく、ダンスの振付も手掛ける。

2020年6月リリース2nd Digital Single「TAXI feat.tofubeats」は、タイのSpotifyバイラルチャートで1位を獲得するなど、アジア各国から関心が寄せられている。

▼Official Sitehttp://noamusic.jp

▼YouTubehttp://www.youtube.com/c/noamusicofficial

▼NOA Instagramhttps://www.instagram.com/n_o_a_3_/

▼TikTokhttps://www.tiktok.com/@noamusic_official

▼Twitterhttps://twitter.com/noamusic_japan

▼Facebookhttps://www.facebook.com/noamusicjp.official/

▼Official Instagramhttps://www.instagram.com/noamusic_official/

Hwaiting!

「アジア」をもっと詳しく

「アジア」のニュース

「アジア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ