AKBメンバー解雇に「イエローカード制」「指原の件は非行」 秋元康が「スキャンダル基準」明かす

1月30日(水)17時0分 J-CASTニュース

指原莉乃さん(11年2月撮影)

写真を拡大

   AKB48プロデューサーの秋元康氏(54)が雑誌「GQ JAPAN」で、AKBファンの評論家・宇野常寛氏と対談している。



   秋元氏は2012年に騒動になった、指原莉乃さんと前田敦子さんの週刊誌報道に言及。「スキャンダルも含めて前田はすごい」「指原の件は非行」「イエローカード2枚で解雇」など、AKB48の「スキャンダル事情」を赤裸々に語っている。



「あんなにきれいにお尻見えるの、すごいと思う」


   対談は13年1月25日、GQ JAPANのWeb版に掲載された。


   12年のAKB関連の出来事や、今後の展望について話し合っているのだが、その中で秋元氏は「8月の東京ドームと劇場最終公演、それからスキャンダル、2012年を全部持っていったよね。すごいと思わない?」と前置き、9月に「泥酔合コン&お姫様抱っこ」が報じられた前田さんについてこう語った。


「あのスキャンダル、スキャンダルと言っても、ただ一緒に飲んで酔っぱらっちゃって、普通の大学生にありがちなことなんだけど」

「あれも含めて前田なんだよね。普通、あんなにいいカット撮れないでしょう。あんなにきれいにお尻が見える感じ、撮ろうと思っても撮れない。それも含めてすごいと思う」

   さらに、「週刊文春」に「元カレ」を名乗る人物が登場し色々と暴露されてしまった、6月の指原さんのスキャンダルについて話を振られると、


「指原はノーマークで、非行に気付かなかった親の責任だと思ってる。名前は出せないけれど、何回も目撃されたりしたという情報があるコには、『気を付けなさいよ』とか『どっちかにしなさいよ』って言ってあった。それなのに何かが起これば、イエローカード2枚目ということで解雇にせざるを得ない。でも指原にはイエローカードが出ていなかったの」

と、スキャンダルを起こしたメンバーに対する「イエローカード」の存在を明かした。



平嶋・米沢脱退時にも「イエローカード」示唆していた

   秋元氏はこれまでにも、「イエローカード」の存在を示唆する発言をしていた。


   私的にSNSを利用し、男性との写真や飲酒疑惑の画像が出回ったなどの問題で、平嶋夏海さんと米沢瑠美さんが12年1月に脱退した際、Google+で


「『では、あのメンバーはどうなんだ?』噂も含めて、指摘する人もいるでしょう。それは、マネージャーやスタッフが出すイエローカードが何枚目か?だと思います」

と投稿した。


   12年6月に指原さんの「元カレ」記事が「週刊文春」で報じられ、博多を拠点とするHKT48に移籍になった際には、「指原にはイエローカード一枚相当の厳重注意をしました」と投稿している。


   これを受けて、ファンの間では「前々からなっちゃん米ちゃん(編注:平嶋さんと米沢さんのあだ名)に警告はあったってことかな?」「指原は警告だけで処分は受けてないってことね」など「イエローカード制」についての憶測がささやかれたが、今回のGQ JAPANの記事で「1度は警告が出される」「それでも直らなかったら退場」という明確な基準が明らかになった。

J-CASTニュース

「非行」をもっと詳しく

「非行」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ