BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

山里亮太が"アイドルに飽きた"は本当だった! 吉田豪・小出祐介との鼎談で「あのときの熱はない」発言

LITERA1月30日(土)12時30分
画像:吉本興業株式会社HP「南海キャンディーズ」芸人プロフィールより
写真を拡大
吉本興業株式会社HP「南海キャンディーズ」芸人プロフィールより

 南海キャンディーズの山里亮太といえば、芸能界の中でも、指折のアイドル好きとして知られているが、その山里がアイドル専門誌「B.L.T.」(東京ニュース通信社)3月号で行った鼎談がファンの間で話題を呼んでいる。


 相手は、メジャーからインディーズまで数々のアイドルをインタビューし続けてきた吉田豪、アイドルへの楽曲提供も盛んに行いつつ、熱狂的アイドルファンを自認する小出祐介(Base Ball Bear)で、「2015年のアイドルシーンを振り返る」というものだった。


 さぞかし、盛り上がっているのだろうと思って読んでみたら、山里のテンションがあまりにも低いのだ。のっけから彼はこんなことを語りだす。


「じつは、今日、お2人に会うのが怖かったんですよ。俺、なに語ればいいんだろう、って」
「たぶん豪さんも序盤から気づいてると思うけど、『こいつ、すげー昔の話しかしないな』って」


 山里がアイドルに飽きているのではないかという疑惑は、かねてよりアイドルファンの間では囁かれていることではあったが、彼はここで遂にそれを認めてしまったのだ。かつては、あんなに熱くアイドルについて語っていたのに──。


 実際、語るのは2015年の話でなく、昔話ばかりだ。


「AKB48も『スッキリ!!』で取り上げてもらおうと思って、小さいニュース原稿を自分で書いたりしていましたね。当時はそれくらい熱があったんですよ。もうみんなにバレてるから『熱があった』って言っちゃうけど」
「もう一度、自分の中にあのときの熱が戻らないかな?って思いながら、今に至るんです」


 山里といえば、ブレイク前からAKB48を応援し、なかでも渡辺麻友のファンであることを公言、また、ハードコアなラジオリスナーで知られる松井咲子(昨年6月にAKB48 を卒業)を自身の冠ラジオ『山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)に呼ぶなど関わりの深い芸人であった。10年から12年までは、毎年恒例のじゃんけん大会のレフェリーを務め、数々の番組でAKB48グループのメンバーと共演。ファンだからこそ分かる小ネタをまぶしたメンバーとの絡みは好評を博していたが、その一方で彼のことを疎ましく思う人たちもいたようで......。


「かつては鬼の子を見るような扱いを受けていましたからね」
「ライブへ行ったとき、うしろの席のファンの人に、『あんた、チケット買わずに見て楽しいっすか?』ってライブ中にずっと言われて。地獄だった......」


 また、同じく共演機会の多かった、アイドリング!!!(昨年10月解散)のファンとはこんなひと悶着もあったようだ。


「ファンにタクシーの窓をガンガン叩かれて、『おい! 出てこいよ!』って言われて。で、タクシーの運転手がそっと窓を開けるっていう。それ、本当に開けちゃダメなやつだから!って」


 こんな恐ろしい目にあっても、山里のアイドル熱は冷めることはなかった。彼がとりわけ熱くなったのは、ももいろクローバー(現・ももいろクローバーZ)であった。


「普通にファンとして石丸(電気)のイベントとか参加してて。当時はなりふり構わずに応援してたから、まわりも若干引いてて」


 ももクロがブレイクするはるか前、山里は彼女たちと共演。ももクロが出演するイベントで司会を務めるなどする一方で、本物の「オタク」として、「現場」に足を運んでいた。そして、その熱がピークに達したのが、11年4月、中野サンプラザでのライブをもって早見あかりが卒業する時であった。その卒業公演が行われる数日前に放送された『山里亮太の不毛な議論』をまるまる早見あかりに捧げたのである。つくりこんだ感動のラジオドラマなど、すさまじい熱量が入ったこの回は、番組史上でも有数の人気回となっている。実は山里はこの放送を通じて、早見あかりの卒業を食い止めようとしていたのだという。


「本気でしたよ。ラジオで2時間まるまる早見あかりスペシャルをやって、もし、『あかりんがそれを聞いて『卒業を撤回する』って言ったら、中野サンプラザの2部(早見あかりの卒業公演)はプログラムを変えてくださいよ!』ってマネージャーの川上(アキラ)さんにお願いしたくらいですから。バカでしょ。絶対そんなことムリなのに」


 ファンの脅迫にも耐え、冷めた目を送る周囲の視線も構わずに、公私混同させながらも、アイドルオタクへの道をすさまじい勢いで進み続けた山里亮太。しかし、あれから数年の時が経ち、今は完全に熱が冷めてしまったようだ。


 昨年は、ももクロが紅白出場を逃したり、AKB48は昨年12月発売のシングルをもって21作連続で更新し続けてきた初週ミリオン突破の記録が途切れることになったりと、アイドル業界には何かと不景気なニュースが多かった。さすが、山里亮太は機に臨み変に応ずというか、トレンドでないところに熱は上がらないということなのだろうか。


 とはいいつつも、前述の通り、山里は「もう一度、自分の中にあのときの熱が戻らないかな? って思いながら、今に至るんです」とも語っている。完全に「オタ卒」してしまったわけではなさそうだ。今年、もう一度山里のハートに火をつけるアイドルは果たして現れるのであろうか。
(新田 樹)


Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

BIGLOBE恋愛&結婚

「アイドル」「山里亮太」「吉田豪」「南海キャンディーズ」の関連トピックス

「山里亮太が"アイドルに飽きた"は本当だった! 吉田豪・小出祐介との鼎談で「あのときの熱はない」発言」の関連ニュース

アイドルに関するQ&A
Q:AKBなどのアイドルは表向き卒業と言っているが、スキャンダルなどでクビになる人が多い。こ...
AKBなどのアイドルは表向き卒業と言っているが、スキャンダルなどでクビになる人が多い。 これって会社で言えば表向き自己都合だが、要らないからクビって言っているようなもんで、当人...
Q:今年の夏にアイドルだった女子大学生が 体を刺されたことがありましたよね、 それを元にちょ...
今年の夏にアイドルだった女子大学生が 体を刺されたことがありましたよね、 それを元にちょっとした短文を書こうとしているんですが、その短文に必ず使わなければならないのです。 ...
Q:アイドルグループはなぜ、わざわざ解散命令を出すのでしょうか?バンドとかにも言えますが、...
アイドルグループはなぜ、わざわざ解散命令を出すのでしょうか? バンドとかにも言えますが、、解散とはいわゆる倒産を意味しますか?
Q:私はアイドルに16歳までなりたくて でも最近はあと学生時代も1年だし(短大) 就活も始まるから...
私はアイドルに16歳までなりたくて でも最近はあと学生時代も1年だし(短大) 就活も始まるから、地下アイドルとか やってたら新卒を逃しちゃう! って考えると、地下アイドルやめたほうが...
Q:アイドルは何歳までが許されますか?
アイドルは何歳までが許されますか?

Powered by

注目ニュース
中居と稲垣のMCの違い、作家が指摘 オリコン12月3日(土)22時3分
1日、SMAPの稲垣吾郎がMCを務める『ゴロウ・デラックス』(TBS系)に、単行本『90歳。何がめでたい』を上梓した作家・佐藤愛子が登場。[ 記事全文 ]
「逃げ恥」大ヒット 第3の理由は「フジテレビの撤退」 NEWSポストセブン12月3日(土)16時0分
TBS火曜ドラマ枠の歴代最高視聴率を更新するなど大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。[ 記事全文 ]
伝説のアイドル、岡田有希子の「死の『真相』」 サンミュージック元専務が明かした「2つの理由」 J-CASTニュース12月3日(土)14時30分
1986年に18歳で自殺したアイドル・岡田有希子さんについて、自殺の直前までそばにいたという所属事務所「サンミュージック」の福田時雄元専務…[ 記事全文 ]
【真田丸】スピンオフにも意欲 オリコン12月4日(日)6時0分
NHKで放送中の大河ドラマ『真田丸』(毎週日曜後8:00総合ほか)は4日に第48回「引鉄(ひきがね)」が放送される。[ 記事全文 ]
妊婦黒木メイサが妊婦役でドクターXメインゲスト 日刊スポーツ12月4日(日)7時49分
第2子妊娠を先月発表した黒木メイサ(28)がテレビ朝日系「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(木曜午後9時)の第10話(15日放送)にメイ…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 伝説のアイドル、岡田有希子の「死の『真相』」 サンミュージック元専務が明かした「2つの理由」J-CASTニュース12月3日(土)14時30分
2 りゅうちぇる、心霊写真の鑑定結果に衝撃「3体の霊が…」放送トラブルも!?マイナビニュース12月3日(土)10時6分
3 成宮寛貴、違法薬物吸引の疑惑を完全否定 問題の動画は何が映っていたのかmessy12月2日(金)22時0分
4 「逃げ恥」大ヒット 第3の理由は「フジテレビの撤退」NEWSポストセブン12月3日(土)16時0分
5 SMAP泣いた 最後の曲は「世界に一つだけの花」日刊スポーツ12月3日(土)7時36分
6 サバンナ高橋、SMAPから笑顔を消した失言に「お前がいなくなれ!」の大罵声アサ芸プラス12月2日(金)17時59分
7 NHK紅白“出場落選女”たちの激烈バトル(1)和田アキ子は早くから落選を知っていたアサ芸プラス12月3日(土)5時57分
8 中居と稲垣のMCの違い、作家が指摘オリコン12月3日(土)22時3分
9 まるで見世物小屋のASKA逮捕 テレビ局は常軌を逸していたNEWSポストセブン12月3日(土)16時0分
10 成宮寛貴「コカイン吸入」の疑惑画像が流出、違法薬物常用の証言に衝撃走るmessy12月2日(金)14時0分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア