「微乳クイーン」鈴木咲、スケスケ×メガネのセクシー女教師! キケンな妄想グラビアでファンを魅了

1月30日(水)13時5分 メンズサイゾー

ただ今発売中のヤングアニマルのグラビアは、電子書籍でグラビア写真のみかえたりします!!
雑誌版より写真数が多いようなので是非どちらもチェックして下さい!!

DMMはこちら→ https://t.co/2zNWXjM5Wm

Kindleはこちら→ https://t.co/2zjC4OMi89#ヤングアニマル pic.twitter.com/6IExkZ3GLy


— 鈴木咲 (@suzukisakiika) 2019年1月29日



 「微乳クイーン」と呼ばれるAカップグラドルの鈴木咲(31)が、絶妙なスケスケ具合のセクシーショットを披露した。


 鈴木は発売中の「ヤングアニマル」(白泉社)の巻末グラビアに登場。「ちっぱいコンプレックス 妄想」と題された企画で、男なら誰もが一度は憧れる美人女教師に扮した。


 この中で鈴木は、スケスケの白シャツにタイトなミニスカート、ガーターベルト&黒ストッキングという刺激的な姿を披露。メガネもかけた彼女はインテリ女教師といった感じで、凛々しくもセクシーな魅力をムンムン漂わせる。白シャツの下には黒ブラが常に透けて見えており、かなりキケンなグラビアばかりだ。


 鈴木は同グラビアのオフショットをTwitterで公開。メガネをちょっぴりズラして優しく微笑むショットと、スカートの裾を握ってジッとコチラを見つめる全身カットだ。当然ながら、このオフショットもスケスケの状態で、うっすらと見える黒ブラが目を引く。これにネット上のファンは「クソ最高!」「エロすぎませんか」「こんな先生に出会いたかった!」などと大興奮で、あっという間に1000件以上の「いいね」を記録することになった。


 実は、鈴木がTwitterで告知しているように、この女教師グラビアは「ヤングアニマル」発の電子雑誌「ハレム」からの先行カット。「ハレム」とは、フェティッシュをテーマにさまざまな美女を掲載するグラビア専門誌だ。


 今回、鈴木はちっぱいの魅力をより一層際立たせる設定として、女教師・文学少女・水泳部員・新妻の4シチュエーションに挑戦。いずれのパターンでも男の妄想を刺激するストーリーが展開されており、ファンからは「実用性が高い!」といった絶賛コメントが寄せられている。


 その一方で、イメージ作品復帰を願う声もある。鈴木は2017年発売の『SAKI』(エアーコントロール)を最後にグラビアDVDから離れており、ファンの中には動く彼女をもう一度見たいという人も少なくない。「ハレム」のグラビアはストーリー性があったが、それだけでは満足できなかった人もいたようだ。


 昨年末には自身初となるカレンダーを発売し、その記念イベントではグラビアに対する高いモチベーションを語った鈴木。今回、セクシーなスケスケ衣装でファンをメロメロにした彼女には、まだまだグラビア界を盛り上げてほしいものだ。

メンズサイゾー

「グラビア」をもっと詳しく

「グラビア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ