2019年ドッキリにかけられた芸能人、世代交代も

1月30日(木)6時54分 ナリナリドットコム

1月29日に放送されたバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で、「2019年ドッキリにかけられた芸能人ランキング」が発表された。

発表されたランキングは次の通り。

☆「2019年ドッキリにかけられた芸能人ランキング」(水曜日のダウンタウン調べ)

1位 パンサー 尾形貴弘(14回)
2位 キラキラ関係 ワタリ119(10回)
3位 JOY(9回)
4位 バイキング 西村瑞樹(8回)
5位 霜降り明星 せいや(7回)
5位 ミキ 昴生(7回)
5位 さらば青春の光 森田(7回)
5位 EXIT 兼近(7回)
10位 霜降り明星 粗品(6回)
10位 コロコロチキチキペッパーズ ナダル(6回)

「2019年ドッキリにかけられた芸能人ランキング」を紹介したのは、2018年のランキング1位となった三四郎・小宮。今年の傾向としては、2014年の調査開始以来ベスト10入りしていたバイキング・小峠英二が初めてランキング圏外になった他、霜降り明星やEXIT、ミキといったお笑い第七世代の躍進など世代交代が見られた。

そして、昨年のランキングでは2位だったパンサーの尾形が1位に輝き、2019年の“ダマされ王”に輝いたが、尾形自身は身の回りにトリッキーな出来事が多すぎて、何がドッキリで、何が本当に起きているのかよく把握できていないそうで、ダウンタウン・松本人志から「アホですね」とばっさり切られた。

ナリナリドットコム

「2019年」をもっと詳しく

「2019年」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ