鮎川 誠(シーナ&ロケッツ)が膵臓がんのため死去

2023年1月30日(月)19時45分 OKMusic



シーナ&ロケッツのヴォーカル&ギターの鮎川 誠が、1月29日5時47分に膵臓がんのため亡くなったことが公式サイトで発表された。74歳だった。

公式サイトによると昨年5月に膵臓癌が発覚し、医者から余命5カ月程という宣告を受けていたのだが、心配をかけたくないという強い希望から一切病気を公表せず、ライヴの合間に治療を続けながら全国ツアーを行なっていたという。

通夜は2月4日、葬儀・告別式は同5日、長年暮らした東京・下北沢の森巌寺・開山堂で、15年に亡くなった妻・シーナさんと同様に“ロック葬”として執り行なわれる。

鮎川は1948年に福岡県久留米市で生まれ、伝説のめんたいロックバンドのサンハウスのメンバーとして活躍し、1978年に妻・シーナとともにシーナ&ロケッツを結成。1978年にシングル「涙のハイウェイ」でデビューすると、1979年にアルファレコードへ移籍し、イエロー・マジック・オーケストラのメンバーの協力を得てアルバム『真空パック』を発表。シングル「ユー・メイ・ドリーム」でブレイクを果たす。2015年2月にシーナが子宮頸がんのため亡くなったあともオリジナルメンバーの奈良敏博(Ba)、川嶋一秀(Dr)とともにバンドを継続。また、俳優としてもNHKの連続テレビ小説『ちゅらさん』などにも出演していた。

OKMusic

「膵臓がん」をもっと詳しく

タグ

「膵臓がん」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ