「イッツマイライフ」がアニメ化クラウドファンディング開始 アストラ・稲田徹、ノア・五十嵐裕美のPV公開

1月30日(火)14時36分 おたくま経済新聞


 小学館のコミックアプリ「マンガワン」に掲載している「IT’S MY LIFE(イッツマイライフ)」がアニメ化に向けたクラウドファンディング企画を実施している。

 本作は、本作でデビューした作家、成田芋虫が描く元帝国騎士隊長アストラと落ちこぼれ魔女ノア、そして二人を囲む様々な仲間たちが織り成すアットホーム”ファンタジー”作品。これまでサイン会から始まりイラスト集つき限定版発売、個展開催など新人作家にとっては異例とも言えるプロモーションの数々が行われてきたが、物語がクライマックスに近づく中、新たなるプロモーションの形を模索する時に出てきたのが「クラウドファンディングでアニメ化出来たら面白いよね」という案。

 そこで、マンガワン編集部のバックアップの元「お酒は夫婦になってから」などを手がけるアニメ制作スタジオ「クリエイターズインパック」、とコラボして、長編劇場アニメ「この世界の片隅に」の企画を実施したクラウドファンディングサービス「Makuake」にて支援募集が1月28日より行われている。



 本プロジェクトでは「ストレッチ・ゴール」という形式を用いて、達成額に応じてアニメの分数やOP、ED映像の追加など、どんどん豪華に変化していく仕組み。500万なら約3分+エンディング。700万なら約5分+エンディング、1000万なら8分+エンディング、1500万なら8分とオープニングとエンディングとなっている。

 他にも支援額に応じて、パッケージDVD、アストラからの御礼入りポストカード、描き下ろし小冊子の組み合わせを始め、エンディングクレジットに名前を入れる権利など多彩なリターンが用意されている。

 また、クラウドファンディングにあたってはアニメPVを作成。念願のマイホームを構え、早期退職した元・帝国騎士隊長アストラ(35歳)役に稲田徹さん、引越し初日に彼の家に迷い込んできた魔法少女ノア(8歳)役に五十嵐裕美さんがキャスティングされている。

 クラウドファンディングの募集期間は、2018年1月28日〜4月28日まで。支援は5000円から参加できる。



<コメント>

■アストラ役:稲田徹

1.「IT’S MY LIFE (イッツマイライフ)」PVのアフレコ収録の感想と、本作の魅力を教えて下さい。

今回はPVという事で尺は短かったですが、まぁ物件探しで言う所の内覧って感じですかね。

五十嵐裕美さんのノアとの絡みは、凸凹コンビ故のギャップがとても楽しく、まだまだ演じ足りないし、もっともっと面白くなっていくと確信しております。

2.今回はクラウドファンディングという形でファンのみなさんにもご支援をお願いすることになります。みなさんに向けてメッセージをお願いします。

原作ファンの皆さん、動き、そして喋るアストラとノアはいかがでしたか?喜んでいただけましたか?

他のキャラクター達はどんな声なんでしょうね?気になりますよね?

もっと見たいですよね?ですよね!

アストラがマイホームを購入する、即ち本編制作が決定するためには、皆様のご協力が不可欠です。全力のご支援、何卒お願い致します!

皆様のお力で見事目標達成、言うなれば契約成立の暁には、皆さん、お家に遊びに来てくださいね。

カモナマイハウス!

■ノア役:五十嵐裕美

1.「IT’S MY LIFE (イッツマイライフ)」のPVのアフレコ収録をした感想と、本作の魅力を教えて下さい。

既に絵がほぼ出来ている状態でPVの収録ができたので、とにかく可愛いし色々なキャラも出てくるので期待とワクワク感がありました。

あとは、稲田さんの強そうだけど優しい声のアストラ様が素敵なのでもっと色んな面が見たくなりました。

2.ファンのみなさんに向けてメッセージをお願いします。

今回は、クラウドファンディングという形ですが、きっと原作ファンの方にも期待して頂けるとおもうのでまずはPVをみて頂けたら嬉しいです!

■はたなかたいちプロデューサー

元々私自身が、イッツマイライフのファンの1人だったので、今回のプロジェクトに携わることが出来て本当に嬉しいです。

「イッツマイライフ」はアストラとノアを中心とした物語ですが、そこに集まる人々もとても魅力的で、PVという短い時間の中では入りきらないくらい登場させたいキャラクターやシーンが多くて悩みました。

今回のPVだけでは、描くことが出来なかった部分がたくさんあるので、是非このプロジェクトを成功させて、もっともっと「イッツマイライフ」の世界を描ければと思っております!

皆様ご協力よろしくお願いします!

【キャスト】

アストラ:稲田徹

ノア:五十嵐裕美

【スタッフ】

総監督・音響監督:ひらさわひさよし

アニメーションディレクター:藤崎有

撮影監督:林幸司

美術監督:青山 央和

2D works:上地美雪

制作補佐:貴田祐太

アニメーションプロデューサー:はたなかたいち

アニメーション制作:Creators in Pack

ティザーサイト:http://urasunday.com/iml_anime/

情報、画像提供・小学館

おたくま経済新聞

「アニメ」をもっと詳しく

「アニメ」のニュース

BIGLOBE
トップへ